連載
» 2020年03月11日 12時19分 公開

山根康宏の海外モバイル探訪記:ゲーミングスマホは外観がどんどん派手に 「Black Shark 2 Pro」の「Gulf Blue」が斬新

ゲーミングスマートフォンといえば、派手なカラーが特徴。Xiaomi関連会社のBlack Sharkが手掛けるゲーミングスマホの新機種「Black Shark 2 Pro」が登場。ブルーのボディーに、オレンジの色を加えた大胆なカラーリング「Gulf Blue」が斬新です。

[山根康宏,ITmedia]
Black Shark 2 Pro 鮮やかなカラーリングが特徴のBlack Shark 2 Pro「Gulf Blue」

 ASUSの「ROG Phone」シリーズに代表されるゲーミングスマートフォンが、複数のメーカーから出てきています。ゲーミングスマートフォンという定義は漠然としていますが、ハイスペックなCPU、高速表示可能なディスプレイ、本体側面に追加されたタッチセンサーなどを搭載。さらに本体カラーもブラックを基調に派手なライティングを追加するなど、いわゆるゲーミングPCのコンセプトをそのまま小型化したようなデザインを採用しています。

 ゲーミングPCといえば、Razerが有名ですが、同社の「ブラック&グリーン」のカラーリングを見るだけで「ゲーミング関連製品」が思い浮かぶ人も多いはず。Xiaomi関連会社のBlack Sharkが手掛けるゲーミングスマートフォンも、2018年4月登場の初代モデルは同じカラーリングをしていました。

Black Shark 2 Pro 初代Black Sharkはブラック&グリーンカラーで登場

 そのBlack SharkはQualcommのプロセッサ(Snapdragon)の高速化に合わせるように、ほぼ半年おきにモデルチェンジを繰り返しています。2019年7月に発表された「Black Shark Pro 2 Pro」は4世代目のモデルで、Snapdragon 855+にメインメモリ12GB+内蔵ストレージ256GB(最大構成)という強力なスペックを誇ります。価格は8GB+128GBモデルが599ドル(約6万3000円)、12GB+256GBモデルが699ドル(約7万3000円)と、Xiaomi系らしくリーズナブルです。

 このBlack Shark 2 Proは本体カラーが3色で登場。Razer系の「Shadow Black」、前モデル「Black Shark 2」から追加されている薄いブルー系の色をアレンジした「Iceberg Grey」は、いかにもゲーミングスマートフォンという印象を受けます。そしてブルーのボディーに、オレンジの色を加えた大胆なカラーリング「Gulf Blue」は、これまでのゲーミングスマートフォンとは若干方向性を変えた色合いが特徴です。

Black Shark 2 Pro 3色展開となったBlack Shark 2 Pro

 Gulf Blueをそのまま訳すると「湾青」となります。しかしGulfを固有名詞と捉えると、中東のペルシャ湾を指します。つまりGulfu Blueとは「ペルシャ湾の青い海と、そこに沈む夕日」をイメージした色なのかもしれません。海の青さと、夕日のオレンジ、この色を組み合わせたようです。

Black Shark 2 Pro 青い海と夕日のオレンジの組み合わせのようだ

 ゲーミングスマートフォンへのこの配色は、ゲーム用というよりもファッションとしてBlack Shark 2 Proを持ってほしい、という考えがあるのかもしれません。例えばRazerは帽子やパーカ、バッグなどファッションアイテムも出しており、自らを「Lifestyle brand for gamers」と呼んでいます。ゲーミングスマートフォンもスペック競争だけでは新製品を頻繁に追加しなくてはなりませんし、旧モデルが見向きもされなくなってしまいます。しかしファッション系として売り出すなら、世代が1つか2つ古くなってもスペックは強力ですし、日常的な利用は全く問題ありません。

Black Shark 2 Pro ディスプレイの周りにもオレンジ色を配置

 ゲーミングスマートフォンは一般的なスマートフォンとデザイン仕上げも異なりますが、全ての人が同じ形のスマートフォンを求めているわけではありません。SF映画に出てくるような、ちょっと近未来を感じられるデザインのスマートフォンが欲しい人にもゲーミングスマートフォンは向いています。

Black Shark 2 Pro 側面は角を出したデザイン。普通のスマートフォンは握りやすさを考え、滑らかな処理にする

 Black Sharkシリーズは日本では新興メーカーのTAKUMI JAPANから歴代モデルがいくつか発売されました。Xiaomiが日本に上陸したことで、Black Sharkの扱いがどうなるかは分かりませんが、ハイスペックかつ特徴的なデザインを持ち、さらに価格もリーズナブルなBlack Shark 2 Proもぜひ日本で販売してほしいものです。

Black Shark 2 Pro 外観だけでも自慢できる、日本発売を期待したい

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう