ニュース
» 2020年10月28日 16時24分 公開

iOS 14の「メモ」アプリで4つの新機能を使いこなそう

iOS 14では、「メモ」アプリにも新機能が追加された。ピンで固定したメモ一覧を折りたためるようになった。キレイな直線や図形を描画できるのも特徴だ。

[井上晃,ITmedia]

 iOS 14では、「メモ」アプリにも新機能が追加された。今回は、メモの管理や作成を便利にする主要な4つの新機能について紹介しよう。

iOS 14メモ iOS 14で「メモ」アプリの新機能を試した

ピンで固定したセクションを折りたためる

 重要なメモをリストの上部に固定できるピン機能は以前からあるが、iOS 14ではこのピンで固定した部分を折りたたんで非表示にできるようになった。「ピンで固定」と表示された欄の右にある「∨」をタップすれば折りたためる。

iOS 14メモ 「ピンで固定」欄右の「∨」をタップ(写真=左)。固定されていたメモが非表示になり、下部に隠れていた「メモ」欄が現れた(写真=右)

 筆者はメモアプリのヘビーユーザーで、原稿の下書きをメモアプリで行うことも多い。メモの数が膨大になると、ピンで固定した部分も長くなり、以前は新規メモを探す際に長くスクロールしなくてはならなかったのだ。iOS 14でピン留め部分を折りたためるようになったことで、新規メモを探しやすくなったのはうれしい。

検索のトップヒット

 メモアプリでは、キーワード検索でメモを探せる。iOS 14では検索結果の表示も少し変わったので知っておこう。

 以前は「メモ」や「添付ファイル」という項目でヒットした内容が表示されたのだが、iOS 14では最上部に「トップヒット」という項目が追加された。最も関連性が高いと判断された検索結果がここに表示される。

iOS 14メモ 「おせわになっております」と検索した結果(写真=左)。「画面」と検索した結果(写真=右)

 例えば、筆者のiPhoneで「おせわになっております」という文章を入力して検索したときには、適合する文字数が最も多い候補がトップヒットとして表示され、トップヒットのメモには「お世話になっております」の文面があった。一方、メモとしてヒットした部分には、「お」や「せ」など平仮名の組み合わせが一通りヒットしただけで表示されており、「おせわに〜」のような単語としてのヒットは見られなかった。

 また、「画面」のような完全にヒットすることが多い単語で検索したところ、トップヒットには、最も新しいメモと、タイトルに「画面」が含まれているメモの2件が表示された。どちらも推測ではあるが、こうした条件に当てはまるメモがトップヒット扱いになるのかもしれない。

キレイな直線や図形を描画できる

 iPadOS 14では、Apple Pencilを用いてメモアプリでキレイな描画を行えることがトピックだが、実はiPhoneのメモアプリでも同様のことが行える。メモ上でペンのアイコンを選択して描画モードに切り替えてから指先で線を引き、指をしばらく離さずにいると、整った図形へと変換される。直線だけでなく、折り曲がった線や円、多角形、星形、吹き出しなどをキレイに描ける。

iOS 14メモ キーボードでペンのアイコンをタップ(写真=左)。描画後に指先を離さずにキープすると、直線や円、四角形などが整った図形に変換されるので、フリーハンドの線と簡単に使い分けられる(写真=右)

 iPadと違いiPhoneは画面が小さいので、手書きノートとしての需要はあまりないだろう。しかし、例えば、とっさにメモアプリで地図を書いて相手に説明するような場面では、線をキレイに書けるとスマートだろう。

リスト表記などが可能に

 メモの作成画面でキーボード上部の「Aa」ボタンを長押しすることで、見出しやリストなどの表記変更を選択できるようになった。「Aa」ボタンをタップしてキーボード画面を切り替えてから選択するよりも素早い操作が可能だといえる。

iOS 14メモ 「Aa」の長押しで一部のフォントメニューが表示される(写真=左)。「Aa」のタップでフォントメニューが表示されるのは従来通りだ(写真=右)

 ただし、ボールドやイタリック体への変更や、下線、取り消し線、インデントなどの追加は、現状この操作では行えないようだ。筆者が確認した範囲では、「Aa」ボタンから行えるフォントメニューの機能自体には大きな変更は見られなかった。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう