プロナビ
ニュース
» 2021年01月18日 15時29分 公開

空気環境を可視化して換気の目安を通知 +Styleが「まもセンサーAir」発売

+Styleは、空気環境を可視化するデバイス「まもセンサーAir」を発売。CO2/温湿度センサーを搭載し、換気の目安を3段階の「緑・黄・赤」で分かりやすく表示する。

[エースラッシュ,ITmedia]

 プラススタイルは、1月29日に「まもセンサーAir」を発売。価格は1万7380円(税込み)で、1月18日から+Style本店、Amazon店、PayPayモール店、楽天市場店で順次予約を開始する。

+Style まもセンサーAir

 本製品はLTEと接続可能な通信モジュールや、設置した部屋の空気環境を可視化するCO2/温湿度センサーを搭載。取得したCO2濃度と温湿度の各データを5分間隔でクラウドへ送信し、過去31日間のデータを蓄積できる。Wi-Fiの接続設定は不要で1年間は追加費用なくデータをクラウドへ送信し、2年目以降も継続利用する場合は年額5000円(税別)が必要だ。

+Style CO2濃度/温湿度の各データを蓄積
+Style 換気の目安を表示

 データは外出先からでもWebサイト上で確認でき、最大2日間の時系列で表示。CO2濃度は換気の目安を3段階の「緑・黄・赤」で分かりやすく表示し、自身が設定したCO2濃度や温湿度のしきい値に基づき、指定したアドレスへアラートメールを自動的に送信することもできる。

+Style 設置したセンサーごとに任意の名称を設定可能

 複数のまもセンサーAirをまとめて管理可能でき、設置したセンサーごとに任意の名称を設定可能。「リビング」「子供部屋」などの他、小売業や公共施設などで来店客などに現在の換気状態を知らせる、外気の入れ替え目安を従業員へプッシュ通知するといった利用も想定する。電源は単三アルカリ電池またはMicro USB給電で、サイズは約100(幅)×57(高さ)×25(奥行き)mm、重量は約78g(乾電池除く)。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう