速報
» 2021年05月28日 11時05分 公開

世界のスマートウォッチ市場調査、Appleの出荷台数は50%増でシェア33.5%調査レポート

Counterpoint Reserachが1〜3月期の世界のスマートウォッチ市場調査結果を発表した。Appleの出荷台数が前年同期比50%増と好調で、シェアは33.5%と全体の3分の1を超えた。3位のSamsungは出荷台数は27%増だが、シェアは0.5ポイント減。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 香港に拠点を置く調査会社Counterpoint Reserachは5月26日(現地時間)、2021年第1四半期(1〜3月)の世界のスマートウォッチ市場調査結果を報告した。総出荷台数は前年同期比35%増。シェアトップの米Appleの出荷台数は50%増と好調で、シェアは3.2ポイント増の33.5%(全体の3分の1以上)になった。

 2位は中国Huawei、3位は韓国Samsung Electronicsと順位は変わらず。それぞれAppleにシェアを奪われた形で、Huaweiは1.7ポイント減、Samsungは0.5ポイント減だった。

 counterpoint 1 2020年第1四半期(左)と2021年第1四半期のスマートウォッチ出荷台数シェア(資料:Counterpoint Research)

 Samsungはシェアは減ったが、「Galaxy Watch3」と「Galaxy Watch Active」シリーズが好調で、出荷台数は27%増加している。

 Appleの「WatchOS」は市場の3分の1以上を獲得したことになる。一方、米Googleの「Wear OS by Google」の同四半期のシェアはわずか3.9%だ。ただし、「Google I/O 2021」で発表されたWear OS by GoogleとSamsungのOS「Tizen」の統合を考慮すると、この状況は大きく変わる可能性がある。

 Counterpoint Reserachのシニアアナリスト、スジョン・リム氏は「Googleの新Wearプラットフォームは、Samsungの次世代Galaxy Watchシリーズに搭載される予定だ。(中略)Samsungはまた、より幅広いAndroidスマートフォンユーザーをより的確にターゲットにできる」と分析する。リサーチ担当副社長のニール・シャー氏は「Tizen、Wear OS、Fitbit OSのすべての長所を統合したWear端末のポートフォリオを構築できる。これにより、GoogleのWearプラットフォームはさらに強化され、より多くの開発者がこのプラットフォーム向けの新たなサービスを構築できるようになる」と語った。

 同社はスマートウォッチのOS別シェア推移グラフで、同四半期のWear OS、Tizen、Fitbitのシェアを合わせると15.7%になると示した。

 counterpoint 2 OS別出荷シェア推移(資料:Counterpoint Research)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう