速報
» 2021年09月14日 06時28分 公開

iOS、iPadOS、watchOS、macOSの緊急更新 “既に悪用された可能性のある脆弱性”を修正

Appleは“既に悪用された可能性のある脆弱性”を修正するアップデートをiPhone、iPad、Apple Watch、Mac向けにリリースした。これらの脆弱性をAppleに報告したCitizen Labは、至急更新することを強く勧めている。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Appleは9月13日(現地時間)、「iOS 14.8」「iPad OS 14.8」「watchOS 7.6.2」「macOS Big Sur 11.6」をリリースした。いずれも“既に悪用された可能性のある”脆弱性を修正するための更新だ。

 ios iOS 14.8

 いずれも新機能の追加はないが、同じ2つの脆弱性に対処した。カナダのトロント大学のセキュリティ研究所Citizen Labが8月に報告したゼロクリック攻撃に悪用されたものだ。

 「悪意を持って作成されたPDFあるいはWebコンテンツを処理すると、任意のコードが実行される可能性がある。Appleは、この問題が積極的に悪用された報告を認識している」とAppleは説明している。

 security

 報告者はCitizen Labになっている。Citizen Labは同日、これらの脆弱性を悪用するイスラエルNSO GroupのiMessageのゼロクリック攻撃について詳解した。同研究所は「すべてのApple端末をすぐ更新することを強く勧める」としている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

過去記事カレンダー