ニュース
» 2021年11月29日 07時00分 公開

気を付けないと“無駄な出費”に? 今更聞けない「USB Type-C」と「オーディオ」ふぉーんなハナシ

3.5mmオーディオジャックを備えないAndroidスマホや一部のiPadで有線イヤフォンをつなぎたい場合、USB Type-C端子を使うことになります。実は、その際に使うオーディオ変換アダプターや直結イヤフォンを選ぶ際は、よく気を付けないといけないことがあるのです……。

[井上翔,ITmedia]

 最近、電車やバスで移動する機会が増えました。ふと自分の周囲に目を配ると、スマートフォンで「完全ワイヤレスイヤフォン」を使う人が多くなってきたことを実感します。最近は技術の進歩もあり、有線イヤフォンと遜色のない音質を実現しているモデルもありますしね(高価ですが……)。

 ただ、電波の混み合っている場所における「音の途切れ」や「遅延(レイテンシー)」が気になったり、バッテリーの充電がおっくうだったりという理由で、今でも有線イヤフォン(ヘッドフォン)にこだわる人は少なくありません。かくいう筆者も、主に「充電めんどくさい」という理由での有線イヤフォン派です。

 今回の「ふぉーんなハナシ」では、USB Type-C端子しかないAndroid端末やiPadで有線イヤフォンを使う場合に気を付けたいことを語っていこうと思います。やや古くて新しい話題なので「今更かよ!」と感じる人もいるでしょうが、お付き合いください。

イヤフォン付けてる 「Pixel 6」にオーディオ変換アダプターを介してイヤフォンを装着……したのですが、実は既に問題が発生しています。何が起こっているか、分かりますか?

USB Type-C端子しかない端末で有線イヤフォンを使うには?

 USB Type-C端子しかない端末で有線イヤフォンを使うには、大きく以下の選択肢があります。

  • USB Type-C端子につなぐ「オーディオ変換アダプター」を用意して、アダプターを介して3.5mmプラグを持つ有線イヤフォンをつなぐ
  • USB Type-C端子に直結できるイヤフォンを用意してつなぐ

 USB Type-C端子しか備えないAndroid端末では、USB Type-C端子につなぐオーディオ変換アダプターやイヤフォンを「試供品」として付属していることが多いです。アダプターとイヤフォンの両方を付属する「大盤振る舞い」な端末もあります。

 ただ、最近は「環境への配慮」あるいは「コストの削減」を目的に、これらを付属しない端末もあります。その場合は、別途アダプターなりイヤフォンなりを購入しなければいけません。

付属品 ドコモの「Galaxy Z Flip3 5G SC-54B」は3.5mmオーディオジャックを備えませんが、USB Type-C端子に接続できるオーディオ変換アダプターやイヤフォンマイクは付属しません

別途買う場合に“わな”がある!

 USB Type-C端子につなげるオーディオ変換アダプターには、大きく2つのタイプが存在します。

  • アナログ接続タイプ
  • デジタル接続(DAC内蔵)タイプ

 アナログ接続タイプは、USB Type-C端子のアナログ音声ラインを通常の3.5mmオーディオジャックに変換するものです。初期のUSB Type-C端子を備えるスマホはこのタイプが多いです。

 一方、デジタル接続タイプはアダプター内にDAC(デジタル/アナログコンバーター)やADC(アナログ/デジタルコンバーター)を内蔵しており、端末から送られてくるデジタル音声をアナログ変換してイヤフォンに伝えたり、マイクの音声をデジタル変換して端末に送り込んだりします。

 比較的新しいUSB Type-C端子を備えるスマホでは、端子部分にアナログ音声ラインを持たない機種もあります。アナログ音声ラインを持たない機種にアナログ接続タイプのアダプターをつないでも音声は出ません

アダプターを並べる とある家電量販店で買ってきた、オウルテック製のオーディオ変換アダプター。左がアナログ接続タイプ、右がデジタル接続タイプ。パッケージを取り払ってアダプターだけにすると、外観から判別することは非常に困難である
アナログタイプをつないだ図 「Pixel 6」にアナログ接続タイプのオーディオ変換アダプターをつなぐと「使えない」という旨の通知が出ます。この通知をタップすると、オンラインのヘルプサイトにつながります

買う前に「デジタル」か「アナログ」かをしっかりチェック!

 ここまでオーディオ変換アダプターについて触れましたが、「USB Type-Cイヤフォンはどうなの?」という疑問を持つ人もいると思います。実はUSB Type-Cイヤフォンにも「アナログ接続タイプ」と「デジタル接続タイプ」があります。

 ただし、USBの規格上、USB Type-C接続のアナログ接続イヤフォンは本来存在してはならないため、市場に出ている製品のほとんどはデジタル接続タイプとなっています(アナログ音声ラインは、あくまでも変換アダプター用です)。

 ともあれ、USB Type-C接続のオーディオ変換アダプターやイヤフォンを購入する場合は、手持ちのスマホがアナログ接続に対応しているかどうか、そして買おうとしているアダプターやイヤフォンがアナログ接続かデジタル接続かを必ず確認しましょう。

パッケージ 先ほど紹介したオウルテック製のアダプターは、パッケージに「アナログ」か「デジタル」かをハッキリと書いてあります。最近の機種ならデジタル接続タイプを買えば間違いないはずです

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

過去記事カレンダー

2022年