今日から始めるモバイル決済
ニュース
» 2022年11月09日 15時48分 公開

最大4%還元のクレカ「メルカード」提供開始 メルカリの利用実績で還元率アップ(1/2 ページ)

メルペイが、クレジットカード「メルカード」を11月8日から提供する。メルカリ内での支払いに利用することで最大4%、それ以外の加盟店での利用は常時1%のポイント還元となり、特にメルカリ内での利用に強い。発行は無料で、既にメルカリで本人確認を行っていれば、即座に発行ができる。

[小山安博ITmedia]

 メルカリは11月8日、FinTech事業に関する事業戦略発表会を開催。同日からメルペイがクレジットカード「メルカード」を提供することを発表した。メルカリ内での支払いに利用することで最大4%、それ以外の加盟店での利用は常時1%のポイント還元となり、特にメルカリ内での利用に強い。発行は無料で、既にメルカリで本人確認を行っていれば、即座に発行ができる。

メルカード クレジットカード「メルカード」が発行開始

 メルカリは、過去に使ったことがある人も含めると累計利用者数が約4800万人に達し、月間利用者数も2075万人に到達。累計の流通総額は約3.8兆円まで拡大した。2021年からは個人だけでなく事業者の出品にも対応し、さらなる成長を目指している。

メルカード メルカリの利用者などの推移

 このメルカリの成長に支えられて、同社の決済サービス「メルペイ」も順調に拡大。2019年のサービス開始以来、政府のキャッシュレス施策も追い風に、サービスを拡大してきた。メルカリアプリ内からコード決済やiDによるスマートフォン決済などの利用が可能で、さらに後払い決済サービスのメルペイスマート払い、メルペイ定額払いも提供している。

 後払いサービスの利用には与信審査が必要だが、従来の信用情報や年収などの属性情報のみを使ったものとは異なり、AIを活用した与信となっている。メルカリでの売買やメルペイの利用実績などのデータを活用することで精度を高め、FinTech事業の大きな柱となった。

メルカード メルカリ独自のAI与信によって、今までとは異なる与信判断が可能

 メルカリとメルペイのクロスユースにおけるシナジーでは、この与信サービスに加えて、後払いの精算額(返済額)の半分以上でメルカリの売上金が使われているという点もある。メルカリで不要品を売り、それで新たに欲しいものを購入する、といった循環が生まれているという。

メルカード メルカリとメルペイのクロスユースによる循環のさらなる拡大を目指す

 後払いの利用には本人確認が必要だが、既に1216万人が実施済み。この本人確認済みユーザーが、新たに発行するメルカードの潜在顧客となりうる。

メルカード 本人確認済みユーザーの推移

本人確認済みで後払いを利用していれば、新たな本人確認や与信は不要

 メルカードは、メルペイスマート払い、定額払いという後払いサービスの仕組みを利用しており、既に本人確認済みで後払いを利用しているユーザーなら、新たな本人確認や与信は不要。そのままカード発行の申し込みができる。

 発行されるカードは、配色や文字情報をそぎ落としたデザインということで、表面にメルカリロゴとICチップがある以外はシンプルなデザイン。メルカリロゴはホログラムになっており、見る角度によって色が変わる。裏面にもカード番号や期限などの情報がないナンバーレス仕様になっている。

メルカード 新たに発行するメルカード
メルカード 表面にあるメルカリロゴ

 利便性を追求したとのことで、クレジットカードのタッチ決済もサポート。国際ブランドはJCBで、オンライン、オフラインを合わせて3900万のJCB加盟店で利用できる。

メルカード ナンバーレス仕様で、カード番号はアプリから確認
メルカード クレジットカードのタッチ決済をサポート
メルカード 実際のカード
メルカード 見る角度で色が変化するロゴ
メルカード ICチップも小型のものを採用
メルカード 裏面にはリップルマークやJCBロゴ。カード番号はなく、名前の記載はあるがサイン欄はない

 カード番号や利用履歴の確認はメルカリアプリ上で可能。利用履歴はメルカードだけでなく、コード決済、iD決済、ネット決済をまとめて一覧表示できる。

メルカード 与信は全ての決済をまとめて確認できる

メルカリの売上金を充当して支払うことも可能

 利用額の精算は銀行口座からの引き落としになるが、引き落とし日以外にも返済が可能で、メルカリの売上金を充当することもできる。売上があった日にそのまま返済したり、臨時収入があった日に多めに返済したりするなど、返済方法が柔軟な点も特徴。メルカリの売上金の方が多ければ、その月のメルカードの引き落とし額をゼロにする、といったことも可能だ。

メルカード 本来の引き落とし日だけでなく、いつでも支払い可能
メルカード メルカリの売上金を充当して引き落とし額を0円にすることも

 この仕組みは、メルペイの後払いサービスでも既に提供されており、これを踏襲する。あくまで後払いサービスをオンライン・オフラインのJCB加盟店でも使えるようにするための物理カード、というのがメルカードの位置付けだ。

メルカード 申し込みから最短4日でカードが手元に届く。申し込みはユーザーによって順次展開されるので、メルカリアプリに申し込み欄が表示されたら申し込みができる。1カ月ほどで全員が申し込みできるようになるという
メルカード カードが届いたら、メルカリアプリをインストールしたスマートフォンでタッチすることで有効化される

 そのため、常時還元のポイントもメルカードだけでなく、コード決済やiDでの後払い設定でも付与される。

メルカード 常時ポイント還元として、1〜4%の還元(メルカリ内)を提供する
メルカード メルカードだけでなく後払いも常時還元の対象
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2023年12月11日 更新
  1. ゲオの5478円激安コンデジを使ってみた 「渋くて素直」な仕上がりが楽しい? (2023年12月10日)
  2. 「11万4480円」がいきなり「実質24円」に(転売ヤー対策込み) しかし年末にはNGに?/デザインには作り手の“思想”が見え隠れする(好みかどうかはさておき) (2023年12月09日)
  3. ドコモが「パスキー」を導入してフィッシング被害報告が0件に パスワードレス認証の効果 (2023年12月09日)
  4. 外出時にスマホの「テザリング」をどうしても使いたくない理由 (2023年12月08日)
  5. IIJmio、mineo、NUROモバイル、イオンモバイルのキャンペーンまとめ【12月10日最新版】 最新スマホの特価セールや還元を見逃すな (2023年12月10日)
  6. 新「楽天SPU」のお得度を検証 楽天モバイルを月額0円で利用するには? (2023年12月07日)
  7. ゲオが「Apple 認定整備済製品」取り扱い iPhone 13 miniやiPhone SE(第3世代)など (2023年12月08日)
  8. Androidで「iMessage」のフリができる「Beeper Mini」、送受信不能に (2023年12月09日)
  9. 「Xiaomi 13T Pro」を“実質24円”で販売できるカラクリ 実は転売ヤー対策として有効も、今後は規制に? (2023年12月02日)
  10. 「端末値引き4万円まで」「白ロム割規制」は12月27日から 電気通信事業法の改正が決定 (2023年11月24日)

過去記事カレンダー