税込み10万円弱の実力は? 「arrows N F-51C」実機クイックレビュー(2/3 ページ)

» 2023年02月08日 12時45分 公開
[井上翔ITmedia]
※本記事はアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

メリハリの効いたスペック

 arrows Nは、SoC(System-on-a-Chip)としてQualcomm製の「Snapdragon 695 5G」を採用している。Snapdragon 600シリーズはミドルハイレンジ端末向けのSoCで、国内メーカーではシャープの「AQUOS wish2」なども採用している。

 「Snapdragon 690シリーズ」は通常8nmプロセスで作られているが、このSnapdragon 695 5Gは6nmプロセスで作られている。一般的に、同じ性能や機能を持つSoCを作る場合、プロセスが細かいほど消費電力を抑えられるので、消費電力の抑制につながっている。

比較 Snapdragon 690シリーズには2製品あるが、arrows Nでは消費電力をより抑制できるSnapdragon 695 5Gを選んだ

 ディスプレイはフルHD+(1080×2400ピクセル)の約6.24型有機ELを採用している。この有機ELディスプレイはSamusung Electronics(サムスン電子)子会社のSamsung Display製で、最大120Hzのリフレッシュレートに対応する(120Hz表示は要設定)。また、ドイツTUV Rheinland(テュフ・ラインランド)によるブルーライトカット認証「Eye Safe」も取得している。

 なお、ディスプレイのインカメラ周辺部にはパンチホール(穴)が開けられている。最近はパンチホール付きディスプレイも当たり前となったが、気になる人は購入前にしっかりとチェックすることをお勧めしたい。

ディスプレイ 約6.24型のSamsung Display製有機ELディスプレイを搭載している。ハードウェアベースのブルーライトカットに対応し、色の違和感を極小化しつつ目への負担を減らせる

 カメラはアウト側がデュアル(二眼)、イン側がシングル(一眼)構成となっている。それぞれの主要なスペックは以下の通りだ。

  • アウトカメラ
    • 広角(メイン):約5030万画素(1/1.5型)/デュアルPDAF対応/F1.88
    • 超広角:約810万画素(1/4型)/AF対応/F2.2
  • インカメラ:約1240万画素(1/3型)/F2.24

 特にメインとなる広角カメラは「arrows NX9 F-52A」と比べてセンサーサイズが約1.65倍となった。一般的に、カメラセンサーは大きいほど集光能力が高くなり、暗い場所での画質を向上しやすくなる。薄暗い場所でもよりキレイな写真を撮れるようになったことは歓迎すべきことだろう。

 なお、動画の撮影はフルHD(1920×1080ピクセル)が最大解像度となる。SoCのスペックによる制限なのだが、少し残念である。

アウトカメラ アウトカメラは二眼構成で、上がメインの広角カメラ、下が超広角カメラとなる
カメラUI カメラのUIは「arrows We」とおおむね同様だ
UI 撮影モードの一覧。すごく地味かもしれないが「Adobe Scan」アプリとの連携にも対応している

 インカメラは顔認証にも対応している。arrowsといえば「Iris Passport(虹彩認証)」を思い出す人もいると思うが、残念ながらarrows Nの顔認証は、仕組みの都合で虹彩認証ほどの精密さはない。

 しかし、FCNT独自の実装として顔認証と指紋認証の両方をパスしないと画面ロックを解除できない「ダブル認証」を用意している。これを利用すると、単純な指紋認証よりも高精度な画面ロックを実現可能だ。

インカメラ インカメラは約1200万画素で顔認証にも対応する
ダブル認証 メーカーの独自実装として、顔認証と指紋認証の両方をパスしないとロック解除できない「ダブル認証」も用意している。もちろん、それぞれの認証を独立して運用することも可能だ
まとめてかんたんセキュリティ設定 ちなみに、F-51Cにはウィザード形式で5つの質問に答えるだけでセキュリティ設定に関するアドバイスを受けられる「まとめてかんたんセキュリティ設定」という新機能が用意されている。初心者でなくとも、スマホに不慣れ(あるいはセキュリティに無頓着)な人にはぜひ使ってみてほしい機能である

 なお、アドビとの協業は、arrows Nでも引き続き行われる。その一環として、このモデルには以下のアドビ製アプリがプリインストールされる。

  • Photoshop Express(純正カメラアプリとの連携にも対応
  • Adobe Acrobat
  • Adobe Scan(純正カメラアプリとの連携にも対応
  • Adobe Express
  • Lightroom
Adobe アドビとの提携は健在で、5つのアドビ製アプリがプリインストールされる。本モデルではAdobe Scanアプリも純正カメラアプリとの連動に対応する

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

最新トピックスPR

過去記事カレンダー

2024年