ITmedia NEWS >

マスクド・アナライズのAIベンチャー場外乱闘!

自称“AI(人工知能)ベンチャーで働きながら、情報発信するマスクマン”こと、マスクド・アナライズさんが、AIをめぐる現状について、たっぷりの愛情とちょっぴり刺激的な毒を織り交ぜてお伝えします。

マスクド・アナライズのAIベンチャー場外乱闘!:

自社でデータ分析組織を立ち上げる企業が増えているが、なかなかうまくいかないという声も多い。日本企業が目指すべき組織の在り方とは?

【マスクド・アナライズ , ITmedia】()
マスクド・アナライズのAIベンチャー場外乱闘!:

AIを活用したいが、上層部の理解を得られず難しい――そんな組織の壁を突破するにはどうすればいい? 大きな変革を得てV字回復を遂げたプロレス業界に学んでみよう。

【マスクド・アナライズ , ITmedia】()
マスクド・アナライズのAIベンチャー場外乱闘!:

ビジネスの現場でよく聞く「PDCA」の4文字。AI導入においてはPDCAより適切な「DGWA」という新しい概念を提唱したいと思います。

【マスクド・アナライズ , ITmedia】()
マスクド・アナライズのAIベンチャー場外乱闘!:

「AI人材の採用がうまくいかない」と感じている採用担当者は少なくないだろう。また、いざ採用しても求めていた人材と異なるというミスマッチの問題もある。どうすれば良いのだろうか。

【マスクド・アナライズ , ITmedia】()
マスクド・アナライズのAIベンチャー場外乱闘!:

「優秀なデータサイエンティストを採用できない」「人材が定着しない」――そう嘆く前に、まずは自分たちの組織の体制や環境を見直してみましょう。とがったAI人材を許容できる環境作りはできていますか?

【マスクド・アナライズ , ITmedia】()
マスクド・アナライズのAIベンチャー場外乱闘!:

ハロウィーンのお祭り騒ぎのように、AI(人工知能)やロボットブームに沸く日本。「とりあえずAIをしたい」という相談に悩まされてきたAIベンダー担当者が、AIが活用できる分野を紹介する。

【マスクド・アナライズ , ITmedia】()
マスクド・アナライズのAIベンチャー場外乱闘!:

AI(人工知能)ブームに沸く日本企業。AIとは切っても切れない関係であるヒト型ロボット「Pepper」もブームが落ち着き、活躍の場が減ってきている印象だ。Pepperはいまどこで何をしているのか。マスクド調査隊(1人)が調査した。

【マスクド・アナライズ , ITmedia】()
マスクド・アナライズのAIベンチャー場外乱闘!:

“AIベンチャーで働きながらネットで情報発信しているマスクマン”こと、マスクド・アナライズの新連載がスタート。AI開発のリアルな現状をお届けします。第1回は、AI導入に踏み切ろうとするも、ミステリー小説並の恐ろしい事態になってしまうある大手製造業のお話です(恐らくこの物語はフィクションです)。

【マスクド・アナライズ , ITmedia】()