速報
» 2004年12月03日 08時00分 公開

Transmeta、省電力半導体技術「LongRun2」を富士通に供与

米Transmetaは省電力半導体製品向け技術「LongRun2」を富士通に供与する。同技術は3月にNECエレクトロニクスへの供与が発表されている。

[ITmedia]

 米Transmetaは、半導体デバイスの電力管理とトランジスタのリーク電流制御によって、省電力半導体を開発するための技術「LongRun2」を、富士通にライセンス供与すると発表した。

 富士通ではLongRun2を、現行の90ナノメートルCMOS製品および次世代の半導体製品開発に導入する予定。なお、米TransmetaのノートPC向けプロセッサ「Efficeon TM8800」は、富士通あきる野テクノロジーセンターの90ナノメートルCMOSプロセスで製造されているが、LongRun2搭載のEfficeonプロセッサを年内にサンプル出荷を開始するとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう