トップ10
» 2005年03月22日 21時31分 公開

チャーハン800杯分の価値

先週のトップ1を飾ったのはまたもや中国ネタ。日本感覚に直すと、PC1台300万円、Windowsの1ライセンスが150万円ってのは、それにしてもなんともはや、です。

[今藤弘一,ITmedia]

 中国というのはやはり懐が奥深く、まだまだ知らない現状というのがあるようで。“中国のPCウオッチャー”山谷氏のレポートは、読者にとっても興味深いものとなったようだ。

 この記事で導入されたのは“ビッグマック指数”ならぬ“チャーハン指数”。日本だと、バリュークラスのPC(6万円台)ではチャーハン130杯分なのに対して、中国ではチャーハン800杯分とのこと。筆者は“ラーメン+チャーハン”で昼食を取ることが多く、だいたい月に6回くらいはチャーハンを食べているので、この例で行くと、日本ならば約2年分のチャーハン代でPCが買えるわけだが、中国での場合は約11年もかかる計算になる。こう考えると“お父さん貯金”の額を数えているようで寂しいのだが、2年なら何とか貯まるかもしれないけど、11年というのは気が遠くなる数字だ。

 お父さんのほしいアレは、チャーハン何杯分ですか?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう