レビュー
» 2005年11月10日 13時00分 公開

ベストセラーをうかがう多機能な複合機――PM-A890 (3/3)

[林利明(リアクション),ITmedia]
前のページへ 1|2|3       

性能、機能、価格のバランスがよい

 何かとPM-A950を引き合いに出しながら進めてきたが、正直な感想としては、PM-A890のほうが全体的にバランスがよい。PM-A950と比べて劣るのは、印刷速度、給紙場所がダブルではなくシングル、液晶モニタの画面サイズ、CCDの光学解像度くらいだ。逆に、機能的にはPM-A890にしかないものがある。写真印刷の発色傾向は好みで決めるとして、印刷速度とダブル給紙を取るならPM-A950、コストパフォーマンスを取るならPM-A890とまとめておこう。

速度比較

 各機能の速度は、PM-A950とPM-A890を比較できるようにした。印刷速度でPM-A950が優れるのは、やはりノズル数の差だろう。

  • A4普通紙コピー
画像 デフォルトの画質モードは「速い」。画質も速度も、この設定がベスト。「エコノミー」だけPM-A890が速くなっているが、PM-A950より印刷がかなり薄い
  • メモリカードダイレクトプリント
画像 デフォルトの画質モードは「速い」。本体のスタートボタンを押してからの計測なので、メモリカードの読み込み速度や画像ファイルサイズによって、トータルの印刷時間は変動する。高画質なモード(印刷解像度が高い)ほど、印刷時間の差が開く
  • PCプリント
画像 PCプリントは、紙送り開始から排紙までの時間だ。L判フチなしは純正の「写真用紙<光沢>」、はがきフチなしは「インクジェット官製はがき」を使った。インクジェット官製はがき用の画質モードを「推奨設定」にすると、PM-A950は「速い」と「きれい」が選べるが、PM-A890は固定だ。全体を通してPM-A950が速い
  • PCスキャン(反射原稿)
画像 全面プレビューは、プレビュー実行からCCDが戻り終わるまでの時間。微妙にPM-A890が速いものの、同等と考えてよいだろう
  • PCスキャン(35ミリネガスリーブ)
画像 PM-A950のCCDは光学4800dpi、PM-A890のCCDは光学3200dpiだ。光学解像度が高くなると感度が落ちるため、高解像度スキャンでその差が表れている。PM-A890は、スキャナドライバで読み取りを実行してからCCDが動き始めるまでに、なぜか十数秒ほどの間があった
前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう