ニュース
» 2006年01月21日 00時00分 公開

週末アキバPick UP!:ど派手系“光りモノ”パーツが最近需要増傾向──昨今のアキバブームの影響か (1/4)

アキバ各ショップに入荷された、発売ほやほやの新製品をITmediaアキバ取材班が調査、注目商品をピックアップしていく「週末アキバPick UP!」。今週のキーワードは「光モノ」「X1900待ち?」「新Pentium 4」「中古で人気のP4」だ!

[古田雄介(アバンギャルド)&ITmediaアキバ取材班,ITmedia]

光モノパーツ、ひさびさに新製品入荷

 今週木曜から金曜にかけて、セリングの光モノパーツ群がPCパーツショップ・CUSTOMや高速電脳などに入荷した。それぞれ十分な数があるが「国内代理店のセリングによると海外メーカーから再度取り寄せる予定はないとのこと。いつまで販売できるか分からない状況です」(PCパーツショップ・CUSTOM)という。

photo セリング「CCFL-02」。左から青、緑、赤、ブラック

 CCFL-02は長さ30センチのネオン管。背面ブラケットに固定できる電源スイッチを備え、ケース内に設置して照明として使用可能だ。価格は青と緑、赤色タイプが1380円。ブラックライトタイプは1580円。

製品セリング「CCFL-02」(青、緑、赤)
入荷ショップ
PCパーツショップ・CUSTOM 1380円
高速電脳 1380円

製品セリング「CCFL-02-UV」(ブラックライト)
入荷ショップ
PCパーツショップ・CUSTOM 1580円
高速電脳 1580円

 もう1つ、LNK-01は長さ32センチで、ネオン管の中をプラズマが走るタイプのもの。よりぎらぎら・ど派手なものが好きなユーザーにはこちらがおすすめだ。青と赤色タイプともに価格は1980円。

photo セリング「LNK-01」。青と赤の2色がある
製品セリング「LNK-01」(青、赤)
入荷ショップ
高速電脳 1980円

 NSR-150は付属インバータと接続することにより自らが発光する、長さ150センチのカラーワイヤー。PCケース内のケーブル類を束ねて巻くといった使い方が想定される。価格は1580円。

photo セリング「NSR-150」。カラーバリエーションに青、赤、緑がある
製品セリング「NSR-150」(青、赤、緑)
入荷ショップ
高速電脳 1580円

 かつて2003年から2004年にかけて小ブレイクした光モノ小パーツ類。現在もLED搭載のCPUクーラーや汎用ファン、電源などはとりあえず多数見つかるが、遊び心のあふれる光モノは、一時期のブームが去った後はさほど新製品も出ない状態だった。

 セリングが新たに光モノパーツを投入してきたことについて、PCパーツショップ・CUSTOMは「おおいに歓迎します。多くのメーカーが光モノアイテムの取り扱いを終了しており、人気があった製品ほど入手困難な状況でしたから。おもしろいでしょ、こういうのってやっぱり。ただしかつてのようなブームは訪れないと思うので、よけいな在庫を抱えないよう、様子を見ながら少量ずつ入荷していこうと思ってますが……」と話す。

 高速電脳は、昨年末あたりからほんの少しだけブームの再燃を感じていたという。「昨年秋ごろから、やや若年層と思わしきユーザーが光モノパーツを好んで購入しているように感じています。自作を始めて少し慣れてきた頃に、PCカスタマイズの1つとして光モノはけっこう取っつきやすいものです。このことは最近のアキバブームにより、新規ユーザーが増えたと思われることが背景にあるのではと思います」とコメントする。

 これら光りモノ小パーツしかり、年末に再販も行われた海連の真空管アンプふうケース「Jules」(レビュー参照)しかり、改めて自作PCの楽しさを再認識させてくれる“つくる”楽しさが味わえるパーツ、今後もたくさん登場して欲しいものである。

CrossFire対応のRADEON X1800がついに登場

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう