ニュース
» 2006年01月21日 00時00分 公開

週末アキバPick UP!:ど派手系“光りモノ”パーツが最近需要増傾向──昨今のアキバブームの影響か (4/4)

[古田雄介(アバンギャルド)&ITmediaアキバ取材班,ITmedia]
前のページへ 1|2|3|4       

中古・ジャンクショップで人気のCPU「Pentium 4/3.06GHz」

 現在、中古・ジャンクショップで人気のCPUは何かと聞くと「Pentium 4/3.06GHz」と述べるところが多い。mPGA478タイプで、HT対応の高クロックモデルというところが人気の理由で、2、3年前のマシンを使っているユーザーが買い求めるため、アキバ中古市場でもやや入手が困難であるCPUとのことだ。

photo ワンネスに入荷していたバルクPentium 4/3.06GHzの新品。価格は2万4580円

 そのような中古市場で人気の高いPentium 4/3.06GHzが、ワンネスにバルクの新品として販売されている。ショップ曰く「年末年始は週に50個以上も売れた大ヒット商品なのです。専属で契約しているバイヤーがインテルの某代理店と強いパイプがあり、定期的に入荷することができます」とのこと。

 なお同店2階にある「じゃんく屋わんねす」も独自の入手ルートをいかし、今週はメモリを大量入荷している。とくにPC-100やPC-133タイプが多く、こちらも“ちょっと古めだが現役”のマシン用として需要があるという。「とはいえモノ自体が少なくなっているので、まとめて買っていくなら今週末がチャンスですよ」とのこと。基本的には現在のプラットフォームのままCPUだけグレードアップさせたい、旧マシンにLinux入れてサーバにするためちょっとメモリも増設しておきたいといった、小カスタマイズを計画するユーザーは、今週末足を運んでみてはいかがだろうか。

photo PC-133 256Mバイトは2500円。ノート用のSO-DIMMタイプは3500円
photo PC-100 SO-DIMM 32Mバイトは1枚200円。在庫数もこの通りたくさん。ほか、PC2700 SO-DIMM 512Mバイト(6000円)、PC4300 DDR SDRAM 512Mバイト(5000円)などもあった
photo さらにノーブランドの定格350ワットATX電源の新品も大量入荷。価格は1480円
前のページへ 1|2|3|4       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう