ニュース
» 2006年02月28日 16時39分 公開

ミントウェーブ、XP Embedded採用のノート型シンクライアント

ミントウェーブは、OSにWindows XP Embeddedを搭載するノート型シンクライアント「MiNT-ACC Note 9040A」を発表した。

[ITmedia]

 ミントウェーブは2月28日、OSにWindows XP Embeddedを搭載するノート型シンクライアント「MiNT-ACC Note 9040A」を発売した。価格はオープン。

photo MiNT-ACC Note 9040A

 MiNT-ACC Note 9040Aは、1024×768ドット(XGA)表示対応の15インチ液晶ディスプレイを搭載するノート型筐体採用のシンクライアントで、OSとしてWindows XP Embeddedを採用するモデル。CPUはCeleron M 360(1.4GHz)を搭載、PC2700 DDR SDRAM 256MバイトとCD-ROMドライブを内蔵する。

 標準でCitrix MetaFrame Cliantを搭載、利用可能サーバOSはWindows 2000 Server/Server 2003/Citrix MetaFrame XP/MetaFrame Presentation Serverとなっている。

 インタフェースはUSB2.0×2、IEEE1394×1、PCカードスロット(TypeII×2またはTypeIII×1)、シリアル、10/100BASE-TX対応LAN×1、S-Video出力、音声入出力などが利用できる。本体サイズは329.2(幅)×272.3(奥行き)×41.9(高さ)ミリ、重量は約3.3キロ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう