ニュース
» 2006年05月31日 13時10分 公開

ベンキュー、輝度2200ルーメンのXGA対応DLPプロジェクター

ベンキュー ジャパンは、DLP方式を採用し輝度2200ルーメンを実現するモバイルプロジェクター「BenQ CP220」を発売する。価格は14万8000円前後。

[ITmedia]
photo BenQ CP220

 ベンキュー ジャパンは5月31日、DLP方式を採用し輝度2200ルーメンを実現するモバイルプロジェクター「BenQ CP220」を発表、6月中旬より発売する。価格はオープン、予想実売価格は14万8000円前後(税込み)。

 BenQ CP220は、光学レンズ部にカールツァイス製レンズを採用するDLPプロジェクターで、本体サイズ248(幅)×199(奥行き)×78.5(高さ)ミリの省スペースサイズを実現。画素数は1024×768ドット(XGA)表示に対応(1280×1024ドット(SXGA)表示までサポート)、輝度は2200ルーメン、コントラスト比は2200:1。表示画面サイズは27から300インチとなっている。

 PC入力用5種、およびビデオ入力用4種の計9種類の投写モードを装備。シチュエーションや映像ソースに応じた投写を行なえる。

 本体内に出力1ワットのモノラルスピーカーを装備。インタフェースはアナログD-Sub×1、S-Video入力×1、コンポジットビデオ入力×1が利用可能なほか、マウス接続用USBポート1基を備えている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう