ニュース
» 2006年06月15日 03時30分 公開

COMPUTEX TAIPEI 2006:やっぱり最後も笑顔でしょうっ!! パート1 (1/2)

6月6日から10日まで台北市で開催されたCOMPUTEX TAIPEI 2006。この記事で幕を開けたとなれば、終わりもコレで行くしかないっ、のでしょうか……。

[田中宏昌,ITmedia]

過去最大規模・入場者数だったものの……

COMPUTEX TAIPEIの推移
内容
年度 2004 2005 2006
ブース数 2828 2853 2907
訪問者数
海外 2万6221人 2万8254人 3万275人
国内(台湾) 9万1934人 10万1639人 10万150人
合計 11万8155人 12万9947人 13万452人
COMPUTEX TAIPEIのFact Sheetより抜粋

 まずはCOMPUTEX TAIPEI 2006のデータをまとめてみよう。右の通り、今年は過去最大規模のブース数と入場者にふくれあがった。実際、開催初日からブースは人であふれ、取材活動も人をかき分けて行うほどだった。

 一方で、インテルの新チップセット正式発表やAMDのSocket AM2やAMD LIVE!のアピールを始めとして、デュアルコアCPU対応PCやマザーボード、ベアボーンキットなど数多くの製品が会場にあふれたが、新味に乏しかったことは否めず、ワクワク感は少なかったというのが正直な印象だ。

過去最大級のプロモーション費用を投入したインテル

会場の外壁にかけられたインテルの巨大な看板

 その中でひときわ目を引いたのは、COMPUTEX TAIPEIで過去最大のプロモーション費用を投入したというインテルだ。会場の内外を問わず、あらゆるところにインテルとCore 2 Duoのロゴがあふれ、従来のPentiumブランドからの切り替えを猛烈にアピールしていた。

 とくに露出度が高かったのは、会場や主要ブースの各所に配置された“インテル コンパニオン”だ。取材でいろいろなブースを訪れたのだが、そこには青と白のコスチュームに身を包んだ女性が、必ずと言っていいほど我々を待ちかまえていた。各所に設けられた案内所にもインテル コンパニオンが常駐し、インテルステッカーやインテルロゴ付きのミネラルウォーター、アイスクリームを無料で配布していた。

 ここでは、“貴重な”取材写真を基に、インテルがいかに資金を投入したかを実証していこう。

筆者が汗だくでレンズの交換をしているときに、笑顔でミネラルウォーターを渡してくれたFICブースのインテル コンパニオン(写真=左)。右の写真はFoxconnのブースでインテル製ビニールバッグを配っていたコンパニオン
「わたしを見て!」とばかりにポーズを決めてくれたBenQブースのインテル コンパニオン(写真=左)。画像をクリックするとさらに決めポーズが。右はMSIブースにいたコンパニオン2人組。手の絡ませ方も板に付いている
こちらは屋外の案内所でインテルロゴシールやバインダーを配っていたコンパニオン。カメラを向ける前は、けだるそうにしていたのは内緒だ(写真=左)。右の写真はMSIブースで見かけた2人組。挑発的なアゴのラインが、いやはやなんとも
Shuttleのブースでインテルロゴ付き透明バッグを配布していたコンパニオン(写真=左)と、Hall 1の通路で山盛りのインテルグッズを手にした3人組(写真=右)。しかし、持っていたCPUはCore 2 Duoではなく…
チャンドラシーカ氏の基調講演会場で懸命に販促グッズを配っていた女性(写真=左)。さて、わたしが配っていたものは何でしょう? 答えは画像をクリックしてのお楽しみ。右の写真は会場外の駐車場で出撃を待つインテル謹製自転車たち
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう