ニュース
» 2006年07月27日 20時56分 公開

AMDとATIの合同記者会見の舞台ソデで聞く話

「夕方5時ごろに森下さんが社員を集めて説明しました」というのが、ATIテクノロジーズジャパンのスタッフが接した今回の件の第一報だったそうだ。AMDとATIの合同記者会見の会場の片隅で耳にはさんだ小話をいくつか紹介しよう。

[長浜和也,ITmedia]

 合同記者会見で両者のトップ同士は1年前から話を進め、ATIテクノロジーズジャパン代表取締役社長の森下正敏氏は2週間前から耳にしていたことが明らかになった今回の買収について、現場のスタッフが知らされたのはリリースが流れたその日の夕方だったそうだ。以前から観測記事がながれていたものの、今回のタイミングに関しては突然で知らされたスタッフは「みんな、聞いた瞬間はただ呆然としただけ」という状況であったとATIテクノロジーズジャパンのスタッフは語っていた。

 気になるATIのブランドについて、公式の質疑応答では「ATIのブランドは優れた“財産”なので有効に生かしていきたい」(米AMD執行副社長兼ワールドワイドセールス/マーケティング最高責任者のヘンリー・リチャード氏の回答)「AMDはATIのすべての製品が両者の相乗効果にとって必要と判断している」(リチャード氏)「ATIが行う投資は従来どおりであり、すべてのカテゴリーに対して行っていく」(ATIワールドワイドセールス上級副社長のリック・ヘグバーグ氏)と、ATIのブランドやビジネスがそのまま継続されると説明している。

 その一方で「ATIが日本のビジネスパートナーに対してこれから先のロードマップをすでに説明した」という情報もある。一部では現在開発途上にある製品について計画の見直しがあるかもしれない、という噂もある。この件についてもAMDのリチャード氏、ATIのヘグバーグ氏はそろって「ロードマップに変更はない」(リチャード氏)「繰り返し述べているようにGPUも引き続き資源を投入していく。われわれの“ビジネス”に変更はない」と力強く否定している(製品ではなくビジネスといっているあたりに疑問は残るが)。

 CPUを供給するAMDとGPU、チップセットを供給するATIという組み合わせ、となるとちょっと気になるのが「AMD LIVE!」というキーワードだ。インテルのViivと違い、AMD LIVE!では構成するハードウェアの組み合わせについて条件を定めていない。しかし、ATIが提供する高画質化機能「Avivo」など、AMD LIVE!に影響を及ぼす技術をATIは製品に持たせている。AMD LIVE!の構成要素として「CPUにはマルチコアAMD64を搭載し、GPU(もしくはチップセット)にはAvivo機能を実装すること」という条件が課せられても不思議ではない。AMDはAMD LIVE!プラットフォームに対応する製品をまもなく投入するとしていた時期を迎えるため、ATIの買収がこの動きになにかしら影響することも考えられる。

 このあたりの事情について日本AMDのスタッフは、「AMDはオープンであることを第一として考えている。AMD LIVE!の条件にATIだけをあげることは考えられない」と回答している。質疑応答の回答でリチャード氏が「ATIのチップセットではAMDのCPUしか使えなくなるという噂は間違っている」という発言をしているが、AMDは常に「オープン」であって組み合わせをクライアントが自由に選択できることをAMDプラットフォームのメリットとしてアピールしてきている。AMD LIVE!ではAvivoもPureVideoも使えることが、AMDが掲げる「オープン」という重要なコンセプトを満足させる、というのが、現時点におけるAMDのスタンスであるようだ。

 買収に関する合同記者会見を行った両社であるが、法的な手順に則り4カ月という時間を掛けてから具体的な一体化が進むものと思われる。「開発の拠点は現状維持で、トロントの開発部隊が再編によってAMDに」いくことはない、と記者会見でも説明しているが、ATIテクノロジーズジャパンのスタッフが「現在リリースしている製品についてはいままで通り、ビジネスを行いサポートも完全にする」と述べているように、業務はこれまでどおり進むらしい。

 ただ、例えば今回の合同記者会見では両社の広報部門が合同で作業を行うなど、セクションによってはすでに協力する業務が発生している。問い合わせについてもATI独自ではなくAMDと確認をとったうえで対応することも増えてくるだろう、と広報部スタッフは述べている。製品開発や通常のビジネスだけでなく、勤務する場所や労働条件など、2つの会社が1つになるときの諸々の問題について「いまはまったく何も聞いていない」というATIのスタッフ。別れ際に「そういえば、コーポレートカラーが“緑”になったらどうする?」と聞いてみたところ「むはははは」と返されたのであった。

左は米AMD執行副社長兼ワールドワイドセールス/マーケティング最高責任者のヘンリー・リチャード氏で右はATIワールドワイドセールス上級副社長のリック・ヘグバーグ氏。2人とも「ロードマップに変更はない」と口をそろえているので、「R600」はきっと陽のめをみることができるのだろう

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう