「まずは眺めてハァハァしてください」――Quad FX対応CPUが登場週末アキバPickUP!(2/4 ページ)

» 2007年01月27日 15時06分 公開
[古田雄介(アバンギャルド)&ITmediaアキバ取材班,ITmedia]

最大転送速度10.0GBpsの激速メモリは、価格も激高

パッケージに「TWIN2X2048-10000C5DF」と、5桁の数値が確認できる

 調査当日の金曜日に、USER'S SIDE秋葉原本店でCorsairのPC2-10000メモリ「TWIN2X2048-10000C5DF」の販売が始まった。1Gバイト×2枚のセットで、価格は9万5340円。在庫はごく少数だ。

 TWIN2X2048-10000C5DFは、Corsairのオーバークロックメモリ「XMS2 DOMINATOR」の最上位にラインアップされる製品で、PC2-6400をベースにDDR2 1250MHz(PS2-10000)まで引き上げている。レイテンシは5-5-5-18。2枚の1Gバイトメモリに、DOMINATORシリーズ共通のメモリクーラーが付属する。

 USER'S SIDE秋葉原本店は「オーバークロック耐性に優れたマザーボードも登場していますし、すこし前に比べると、容易にオーバークロックの効果を体感できる状況になってきていると思います。お金を出せば……ですがね」と笑っていた。

 そんな羽振りのいいオーバークロッカーに朗報。年末から品切れが続いていたASUSTeKの高性能マザー「Striker Extreme」が、今週、複数のショップに再入荷していた。某ショップによると「再入荷に時間がかかったのは、動作が安定するように基板を改造したためという噂があります。初回出荷よりも安心してオーバークロックできるようになっているかもしれません」とのことだ。

PC2-10000メモリが2枚同梱されている(写真=左)。付属のメモリクーラーは4センチファンを3台搭載(写真=中央)。オーバークロック耐性に優れたASUSTeK「Striker Extreme」。価格は4万5000円前後(写真=右)
製品:Corsair「TWIN2X2048-10000C5DF
入荷ショップ
USER'S SIDE秋葉原本店9万5340円

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年04月13日 更新
  1. ロジクールの“ちょい上”パンタグラフ式キーボード「Signature Slim K950」を試す (2024年04月11日)
  2. 8コア16スレッドのRyzen 9 7940HS×Radeon 780M搭載! 片手で握れるミニデスクトップPC「GEEKOM A7」の“強さ”をチェック! (2024年04月10日)
  3. 着脱式スタンドで縦置きや壁掛けも対応! 14型モバイルディスプレイ「GeChic On-Lap M141E」を試す (2024年04月12日)
  4. CopilotでTeams会議の生産性アップへ Jabra製品のMicrosoft認定デバイスで話者識別、文字起こし機能が強化 それがどう役立つのか (2024年04月11日)
  5. 自宅の「スマートロック」にありがちな誤解 家から締め出されないために心掛けている実践的な5つのこと (2024年04月12日)
  6. 無線LANルーター「Aterm」シリーズの一部に複数の脆弱性 設定変更や買い替えをアナウンス (2024年04月11日)
  7. ASRock、グラフィックスカードも装着できるRyzen対応のベアボーンPCキット  (2024年04月12日)
  8. Keychron、メカニカルキーボード「Keychron Q1 Max」日本語配列モデルをMakuakeで提供開始 (2024年04月12日)
  9. あなたのPCのWindows 10/11の「ライセンス」はどうなっている? 調べる方法をチェック! (2023年10月20日)
  10. Surfaceライクなビジネス向け12.3型2in1タブレット「VersaPro J タイプVS(VS-L)」を試す (2024年04月10日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー