ニュース
» 2007年02月03日 17時39分 公開

週末アキバPickUP!:「突然死」か「緩やかな死」か――アキバから姿を消していくPCショップ (3/4)

[古田雄介(アバンギャルド)&ITmediaアキバ取材班,ITmedia]

「Vista好調に売れています。でも、Ultimate αが週末にも買えます!」

 30日0時に解禁となったWindows Vistaは、週末にかけても順調に売れているという。すべてのショップで一番人気にWindows Vista Ultimateが挙げられており、Home Premium、Business、Home Basicの順に続く。

 一方、32ビット版と64ビット版の売れ行き比率には、ショップの個性がよく反映されていた。ビギナー層にも人気の高いT-ZONE.PC DIY SHOPやTSUKUMO eX.は、32ビット版が64ビット版の3〜4倍売れているという。一方、ヘビーユーザーが多く来店するUSER'S SIDE秋葉原本店では1:1の割合とのことだ。

 Vistaの登場によって、さっそくPCパーツ全体の売れ行きが向上したと語るショップが多かったのも印象深い。クレバリー1号店は「Vista登場前後で確実に、店全体の売れ行きが上がっています。特にエアロを快適に動かすため、グラフィックスカードを購入するユーザーが増えていますね」と話す。

 なお、全国で限定1万本の初回特典パッケージ「Windows Vista Ultimate α」が、深夜販売で売れ残ったことは既報のとおり。通常営業時に引き続き販売しているショップがいくつかあり、今週末でも入手できる可能性は高い。某ショップは「Vistaは好調に売れていますが、Ultimate αは潤沢に在庫しすぎましたね。ただ、週末なら地方から来る人も多いので、そいいった人にも提供できることは喜ばしいです!」と、プラス思考全開のコメントをしてくれた。

フェイス秋葉原本店のVista販売コーナー。入荷数の関係で、32ビット版のHome Premiumが売り切れとのこと(写真=左)。右からHome Basic、Home Premium、Business、Ultimateのパッケージが並ぶ。在庫数の少なさが人気のバロメーターになっており、面白い。写真は高速電脳(写真=右)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう