これは“鉄板”――誰もが口をそろえるAMD 690Gマザー古田雄介の週末アキバPickUP!(3/4 ページ)

» 2007年03月26日 11時00分 公開
[古田雄介&ITmedia アキバ取材班,ITmedia]

パソコンショップ・アークでWindows 98時代に想いを馳せる

CPUの歴史セール

 パソコンショップ・アークは、7〜8年前に出回っていた新品のCPUを入手し、先週の木曜日から店頭に並べている。題して「CPUの歴史セール」。1MHzあたり、50銭〜1円の低価格で販売している。

 同ショップは「どこかのPCメーカーが製品の補修用にストックしていた在庫が流れてきたようです。滅多にないことですが、古くからの自作フリークには興味深いアイテムだと思いますよ」という。実際、取材中もボックスを漁る年配の方をたくさん見かけた。

 なお、コードネーム「Coppermine」のPentium IIIが一番人気とのこと。「Socket 370タイプを買った人は、観賞用ではなく、実用を狙っているのかもしれません」という。

カートリッジ版(SECC2、Slot 1)のPentium III 550BMHz。550円也(写真=左)。K75世代(Magnolia)のAthlon 1GHz。ギガヘルツの単位に到達した初のCPUとして、2000年3月に登場した。初回ロットの価格は15万円を超えていたが、今なら1000円で買える(写真=中央)。FC-PGA版(Socket 370)のPentium III 800MHzは800円、Celeron 633MHzは633円で販売されていた(写真=右)

 未使用品の入手が困難なCPUばかりだが、さらにレアなアイテムも紹介してもらった。ほかのCPUとは離れておいてあるMobile Celeronだ。ノートPCに組み込んで出荷していた「MMC-1」タイプのモデルで、「おそらく300MHz」とのこと。

単品ではまず出回ることのないMMC-1型のMobile Celeron。未使用品で200円

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年07月13日 更新
  1. 「Echo Spot(2024年発売)」はスマートスピーカーでもなければスマートディスプレイでもない! 時計利用にフォーカスした新モデルを試す (2024年07月11日)
  2. 狭い場所でも作業しやすいサンワサプライのペン型マウス「400-MAWBT202」 ChromebookやiPadなどにつないでみた結果 (2024年07月11日)
  3. 日本HP社長も愛用のHyperXブランドから新型キーボード/マウス/バックパックが登場! 実機を試して分かったこと (2024年07月12日)
  4. “デスクトップSSD”のメリットとは? 写真の保存に関する不安 (2024年07月11日)
  5. GPUの「レイトレーシング処理」改良の歴史をひもとく【GeForce RTX 30シリーズ編】 (2024年07月12日)
  6. 実は安い? 正当進化なカラー電子ペーパー端末「BOOX Go Color 7」は、快適な読書体験ができるオススメな1台 (2024年07月10日)
  7. 新型「Fire TV Stick 4K」と「Fire TV Stick 4K Max」はどちらを選べばいい? ポイントをチェック! (2023年10月13日)
  8. まだ間に合う! Steamで「Steamサマーセール2024」開催中! 最大90%以上オフのタイトルも (2024年07月08日)
  9. ロジクール、実売6000円台のワイヤレスキーボード+マウスセット (2024年07月11日)
  10. あなたのPCのWindows 10/11の「ライセンス」はどうなっている? 調べる方法をチェック! (2023年10月20日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー