レビュー
» 2007年06月12日 12時00分 公開

Vistaは入っていませんが:富士通のUltra Mobile PCを分解して、見た!――FMV-BIBLO LOOX U50WN (2/2)

[田中宏昌,ITmedia]
前のページへ 1|2       

SpeedStepテクノロジやXDビットの設定画面も

システムのプロパティ画面

 各パーツの写真に続き、ここではBIOSセットアップの画面やデバイスマネージャの画面を見ていこう。

 右にあるシステムのプロパティ画面には、「Genuine Intel processor 800MHz」とIntel A110の動作クロックが表記され、さらにその下に448MHzとの表記が見える。実際にBIOSセットアップの画面にも「SpeedStepテクノロジ」を使用する/しないの設定項目や、バッファオーバーラン攻撃を防ぐXDビット(eXecute Disable)の項目がある。

 本機のグラフィックス機能は、Intel 945GU Expressチップセット内蔵のものが使われる。したがってグラフィックスメモリはメインメモリと共有され、BIOSセットアップで64/128/224Mバイトから選択する形をとる。

 最後にデバイスマネージャの画面を確認したが、システムデバイスやディスプレイアダプタの表記に“945GU”の文字は見あたらず、CPUの表記も“Genuine Intel processor 800MHz”のままだ。これらは試作機ゆえの表記であり、6月末の製品出荷時までにおそらく改善されると思われる。

BIOSセットアップの画面(写真=左)。詳細画面ではIntel SpeedStepテクノロジやXDビット機能の設定が行える(写真=中央)。メインメモリと共有のグラフィックスメモリ容量もBIOSで設定する(写真=右)

デバイスマネージャの画面。試作機のため実際の製品とは表記が異なる可能性がある

FMV-BIBLO LOOX U50WNの全分解図。ここまで分解するのに必要だったネジは合計23本だった
前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう