ニュース
» 2007年07月11日 11時00分 公開

ZEN-Design 第3弾は1000台限定:HP Pavilion Notebook PCにSpecial Edition“雪景”が追加

日本HPは7月11日、個人向けノートPCの「dv6500」に新デザイン“雪景”を採用したSpecial Editionを追加した。限定台数は1000台だ。

[田中宏昌,ITmedia]

1000台限定でZEN-Design“雪景”(sekkei)を採用

HP Pavilion Notebook PC dv6500 Special Edition

 日本ヒューレット・パッカード(日本HP)は、個人向けノートPCでメインストリームに位置付けられる「HP Pavilion Notebook PC dv6500/CT」に、新デザインのZEN-Design“雪景”(sekkei)を取り入れた限定モデルを発売する。

 「HP Pavilion Notebook PC dv6500 Special Edition」は、これまで導入されてきた禅寺の石庭をイメージした「ZEN-Design samon(砂紋)」、「ZEN-Design shizuku(雫)」に続く第3弾で、液晶ディスプレイ面をホワイト、パームレストとキーボード面にシルバーを取り入れた「ZEN-Design sekkei(雪景)」を新たに採用したのがポイントだ。液晶ディスプレイとパームレスト面に光沢感のある表面塗装「HP Imprint」を施しているのは従来機と同じだが、液晶ディスプレイ天面とパームレストの模様が「混とんから静寂へ(同社談)」をイメージした新パターンに変更されている。

 デザインを除く基本スペックは既存のdv6500/CTと共通で、直販チャンネルのHP DirectplusでBTOが行えるのも同様だ。販売は7月11日に開始され、価格は11万9700円からとなる。なお、本機は1000台限定のモデルだが、販売は複数回に分けて行われる予定だ。

ZEN-Design sekkei(雪景)を採用した液晶天面部分(写真=左)とパームレスト部分(写真=中央)。「ZEN-Design shizuku(雫)」のHP Pavilion Notebook PC dv6500/CTと比べたところ(写真=右)

これまでのZEN-Designシリーズのなかで、今回の「雪景」はプリントパターンとしてはもっとも“無難”にまとまっていると言えるかもしれない。液晶部分のホワイトと底面のブラックのツートーンカラーは目を引く

関連キーワード

デザイン | HP | ノートPC | Santa Rosa | Windows Vista


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう