ニュース
» 2007年07月11日 13時21分 公開

NEC、3Dデザイン天板ノートPCを発売

日本電気は、宝石をイメージした3Dデザイン天板を採用するノートPC計3モデルを発表した。新塗装技術により、平面でありながら3次元的な奥行きのあるデザインを実現している。

[ITmedia]
photo 3Dデザインモデル

 日本電気は7月11日、宝石をイメージした3Dデザイン天板を採用するノートPC「LaVie G タイプLベーシック(s) 3Dデザインモデル」(以下「3Dデザインモデル」)を発表、本日より受注を開始した。サファイア(青)/ガーネット(赤)/トパーズ(黄)の3バリエーションを用意。BTOカスタマイズに対応、価格は10万5210円から(税込み/7月26日まで実施のキャンペーンクーポン適用で8万6613円から)。

 3Dデザインモデルは、磁性体塗料を用いることで平面の天板に3次元的な奥行きのあるデザインを実現した新塗装技術を用いたモデル。

 本体の基本スペックは、従来モデルのLaVie G タイプLベーシック(s)と同様。CPUはTurion 64 X2/Sempron 3400+をから選択可能で、液晶ディスプレイは15.4インチワイド液晶を搭載。BTOオプションによりワンセグチューナーカードやFeliCaポートなどの選択も可能となっている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう