ニュース
» 2007年09月18日 21時25分 公開

AMD、「コアが3つ」のPhenomを追加

Phenomのラインアップはクアッドコアの「Phenom X4」とデュアルコアの「Phenom X2」が予定されていたが、そこに「奇数コア」モデルが急きょ加わった。

[ITmedia]

 AMDは、すでに公表されている次期デスクトップPC向けCPUラインアップに3つのコアを搭載する「Phenom トリプルコア」が追加されたと発表した。出荷開始はほかのPhenomよりやや遅い(ほかのPhenomは2007年の年内に出荷を開始する見込み)、2008年第1四半期の予定だ。

 AMDのそのリリース資料の中で、トリプルコアのPhenomを追加した理由として、2007年第2四半期に出荷されたCPUのうちでクアッドコアCPUが占める割合が2%だったという調査結果から、市場がより豊富な種類のマルチコアCPUを求めているという分析を挙げ、ユーザーにとってより身近な製品ラインアップをトリプルコアのPhenomで用意すると説明している。

先日発表された“Barcelona”クアッドコアOpteronの構成とダイ画像。今回、コアが“3つ”という「Phenomトリプルコア」が追加されたが、“奇数”の構成が可能なのもネイティブマルチコアのPhenomだからといえるだろう

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう