ニュース
» 2007年10月20日 13時26分 公開

古田雄介のアキバPickUP!:「突貫です。眠いっす」――フェイスがノンストップでリニューアル (2/4)

[古田雄介&ITmedia アキバ取材班,ITmedia]

CPUの発熱量が低いとPCケースが多様化する

 今週の木曜日、Shuttleからキューブ型ベアボーンのハイエンドモデル「SP35P2 PRO」が登場した。価格は5万5000円前後で、在庫は潤沢だ。

 SP35P2 PROはIntel P35 Expressチップセットを搭載しており、定格400ワットの電源ユニットにより「ハイエンドクラスのグラフィックスカードも安心して使えます」(T-ZONE.PC DIY SHOP)という。PCI Express x16スロットを1基備え、FSB 1333MHzのCore 2 QuadやCore 2 Duoも搭載可能。フロントに指紋認証センサーを搭載しているのが特徴だ。

Shuttle「SP35P2 PRO」

 省スペース型のベアボーンやケースは、ここ1年で人気が復活していると評価する声を聞く。クレバリー1号店は「小型電源の容量が向上しているのに加え、CPUの省電力化が進んでいるのが大きいですね。Pentium D全盛のころはPCケースの売り上げの9割がミドルタワーでしたから。いまは7割くらいにシェアが減って、その分、キューブ型やスリムケースが人気を集めています」と語る。

 その潮流を受けてか、木曜日に登場したAntecのスリムタワーケース「MINUET 300」が、好調に売れている。価格は1万4000円前後で、在庫はやや少数だ。

 MINUET 300はmicroATXケースで、剛性の高いスチール製シャーシを採用している。前モデル「MINUTE」から、電源容量を80ワット増量した定格300ワットとなった。フロントにツヤありの黒い塗装を施しているのは前モデル同様。ケースパネルとの接触面に緩衝材を貼り付けており、ビビリ音が発生しにくいのも特徴だ。

 T-ZONE.PC DIY SHOPは「RAIDを組んだり、ハイエンドなグラフィックスカードを搭載しないかぎり、今は小型ケースで十分な性能が期待できます。MINUET 300の場合、スリムケースで気になるビビリ音も固いシャーシと緩衝材で防げるので、多少高くても手を出す人が多いようです」と話していた。

Antec「MINUET 300」

製品名:Shuttle「SP35P2 PRO」
入荷ショップ
クレバリー1号店5万4888円
TSUKUMO eX.5万4980円
パソコンショップ・アーク5万4980円
USER'S SIDE秋葉原本店5万4980円
T-ZONE.PC DIY SHOP5万4980円
高速電脳5万4980円

製品名:Antec「MINUET 300」
入荷ショップ
クレバリー1号店1万3623円
ドスパラ秋葉原本店1万3800円
高速電脳1万3800円
BLESS秋葉原本店1万3800円
フェイス カスタム館1万4800円

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう