ニュース
» 2007年10月20日 13時26分 公開

古田雄介のアキバPickUP!:「突貫です。眠いっす」――フェイスがノンストップでリニューアル (3/4)

[古田雄介&ITmedia アキバ取材班,ITmedia]

約3万円のPC自作キットが注目される

T-ZONE.PC DIY SHOPの格安PC自作キット

 10月初旬に発売されたAthlon 64 3200+をオンボードで備えるマザーボードECS「GS7610 ULTRA」をベースにしたPC自作キットが、今週の木曜日からT-ZONE.PC DIY SHOPの3階で販売されている。価格は3万983円。週末には特価で2万円台まで値下げするという。

 そのほかの構成は、メモリがDDR400 512Mバイト、HDDは80GバイトのSerial ATAタイプ、定格400ワット電源など。OSは付属しないが、センチュリーのmicroATXケース「CSI-9148」に組み込んで、すぐに使えるようになっている。

 同ショップは「CPUオンボードのマザーが普及すると、自作PCの最低限のコストが格段に低くなります。サブマシンとしてなら、現役で普通に使える性能がありますし、Windows XPならレスポンスも問題なしですね」とアピールしていた。店頭に並べた時点で注目を集めており、週末の人気商品になりそうだ。

 激安PCキットがヒットする一方で、高級志向のファンコトローラーも人気を博している。水曜日に出回ったザルマンの「ZM-MFC2/V2JP」で、価格は7500円前後。在庫は潤沢だ。

 ZM-MFC2/V2JPは5インチベイに搭載する4chのファンコントローラーで、リアルタイムのステイタスを液晶パネルにカラーで表示できる。4基のうち、1基だけPWM対応の4ピンタイプが制御可能だ。

 前モデル「ZM-MFC2」と外観が変わらないものの、価格が1500円ほど高くなっているぶん、内部基板に改良を加えている。「保護回路を追加したほか、ノイズや測定誤差を減らしています。熱処理の問題もクリアしたようですね」(T-ZONE.PC DIY SHOP)とのこと。

左がザルマン「ZM-MFC2/V2JP」、右が同「ZM-MFC2」(写真=左)。「ZM-MFC2」の基板(写真=中央)。「ZM-MFC2/V2JP」の基板。大きなヒートシンクがなくなっている(写真=右)

製品名:ザルマン「ZM-MFC2/V2JP」
入荷ショップ
BLESS秋葉原本店7280円
TSUKUMO eX.7580円
T-ZONE.PC DIY SHOP7580円
ドスパラ秋葉原本店7580円

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう