ニュース
» 2007年11月15日 00時00分 公開

高低差は健在:ロジクール、波打ちキーボードに有線タイプを投入

ロジクールが“コンフォート ウェーブ デザイン”を採用した有線キーボード「Wave Keyboard」を発売する。

[ITmedia]

マウスを省き有線タイプになって低価格化を実現

ロジクール「Wave Keyboard」

 11月15日、ロジクールは独自の“コンフォート ウェーブ デザイン”を採用したキーボード「Wave Keyboard」(MK-1000)を発表、11月30日より発売する。価格はオープンだが、同社直販の「ロジクール ストア」では5980円で販売される。

 MK-1000は、今年9月に発売された「Cordless Desktop Wave」と同じゆるやかなカーブと起伏のあるキー配置を取り入れたコンフォート ウェーブ デザイン採用のキーボードで、Cordless Desktop Waveからマウスを省き、インタフェースを無線からUSB接続の有線タイプに変更したものだ。

 従来と同様、人間工学に基づいたキー配置と曲線状のパームレストにより、快適な入力環境を実現している。また、多彩なワンタッチボタンを搭載し、ドライバの「SetPoint」を導入すればWindowsではMedia Centerなども操作可能なメディアコントロールボタンやフリップ 3D、MacではExposeやFront Rowなどを簡単に利用できる。

 本体サイズは480(幅)×253(奥行き)×38(高さ)ミリ、重量は約1キロだ。対応OSはWindows XP/Vista、Mac OS X 10.3.9以降となっている。なお、保証期間は5年間だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう