ニュース
» 2007年12月18日 17時17分 公開

2008年PC春モデル:全モデルで地上デジタル放送に対応したハイエンドノートPC――「FMV-BIBLO NX」

富士通のフラッグシップノートPC「FMV-BIBLO NX」シリーズがモデルチェンジを行い、全2モデルで地デジ/地アナ放送をサポートした。

[ITmedia]

全モデルで2Gバイトのメモリを実装

17インチワイド液晶(1440×900ドット表示)や10キー付きキーボードに変更はない

 「FMV-BIBLO NX」シリーズは、富士通のノートPCで最上位に位置する製品だ。秋冬モデルの時にアーキテクチャをSanta Rosa世代に移行したばかりもあって、今回は大幅な仕様変更が見送られており、全2モデルのラインアップも変わりない。

 注目は上位モデル「NX95Y/D」のCPUで、現時点で未発表のCore 2 Duoとだけ公開されている。FSBや2次キャッシュも未公開となっているが、チップセットがIntel PM965 Expressのままなので、秋冬モデルのCore 2 Duo T7500(2.2GHz)よりも高クロックのCPUになると予想される。ちなみに、下位モデル「NX90Y/D」は前モデルと同じCore 2 Duo T7250(2.0GHz)のままだ。

 春モデルの強化点は、2モデルとも標準で2Gバイト(1Gバイト×2/PC2-5300)のメモリを搭載し、それに伴ってATIのHyperMemoryを使ったグラフィックスメモリの容量が増量(NX95Y/Dは512Mバイトから1024Mバイトに、NX90Y/Dが384Mバイトから896Mバイトに増加)したことと、前モデルでは上位機のみだった地上デジタル/地上アナログ放送対応のTVチューナーを下位機でも内蔵したほか、HDD容量が120Gバイトから160Gバイトに強化された(上位モデルは160Gバイト×2の320Gバイト)。ただ、従来機で採用されたIntel Turbo MemoryはNX95Y/Dでのみの実装となる。

 そのほかの仕様は従来機を引き継いでおり、1440×900ドット表示対応の17インチワイド液晶(スーパーファインDXII液晶)を両モデルで採用。NX95Y/DはBlu-ray Discドライブや、IEEE802.11nドラフト準拠の無線LAN機能、ATI Mobility Radeon HD 2600(256Mバイト)のグラフィックスチップを備え、NX90Y/DはDVDスーパーマルチにIEEE802.11a/g/b準拠の無線LAN、そしてATI Mobility Radeon HD 2400(128Mバイト)のグラフィックスチップを搭載する。OSはともにWindows Vista Home Premiumで、Office Personal 2007がプリインストール済みだ。

 発売予定日はNX90Y/Dが12月21日で予想実売価格は26万円強となる。一方、NX95Y/Dは未発表のパーツを採用していることもあり、提供時期が2008年1月とだけアナウンスされている状態だ。

左から上位機のFMV-BIBLO NX95Y/D、FMV-BIBLO NX90Y/D

NX95Y/DはBlu-ray Discドライブを搭載する(写真=左)。HDMI出力端子は両モデルとも備えている

FMV-BIBLO NXシリーズの概要(その1)
シリーズ名 モデル名 タイプ 従来比較 CPU メモリ HDD OS 実売
FMV-BIBLO NX NX95Y/D 2スピンドル 不明 最新Core 2 Duo(未発表) 2048MB 320GB Home Premium 未発表
NX90Y/D 2スピンドル マイナーチェンジ Core 2 Duo T7250(2.0GHz) 2048MB 160GB Home Premium 26万円強
FMV-BIBLO NXシリーズの概要(その2)
シリーズ名 モデル名 液晶 解像度 チップセット 光学ドライブ GPU TV機能 重量
FMV-BIBLO NX NX95Y/D 17インチワイド 1440×900 Intel PM965 BD-R/RE対応Blu-ray Disc ATI Mobility Radeon HD2600(256MB) 地デジ/地アナ 約4.9キロ
NX90Y/D 17インチワイド 1440×900 Intel PM965 2層対応DVDスーパーマルチ ATI Mobility Radeon HD2400(128MB) 地デジ/地アナ 約4.8キロ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう