ニュース
» 2007年12月18日 12時12分 公開

2008年PC春モデル:3波デジタルチューナーを2基搭載し裏番組録画に対応したリビングPC――「FMV-TEO」

HDMI経由でTVに接続して利用するリビングPCが富士通の「FMV-TEO」だ。春モデルでは3波デジタルチューナーを2基内蔵したのが特徴だ。

[ITmedia]

3波デジタルチューナーを2基実装してAV機能を強化

 富士通が12月18日に発表したリビングPCが「FMV-TEO」だ。従来3モデルで構成されていたラインアップは、TV機能を省いたエントリーモデルがなくなって全2モデルに減っている。

 春モデルでは、これまでのハードウェアスペックを継承しながら、3波(地上/BS/110度CSデジタル)対応のデジタルTVチューナーを標準で2基内蔵することにより、2番組の同時録画や裏番組の録画、録画中に録画した別番組の再生が可能になり、使い勝手を高めている。また、標準搭載のメモリがPC2-5300からPC2-6400対応となったほか、新たに2Gバイトのモジュールをサポートすることで最大メモリ容量が4Gバイトに増えた。

 細かいところでは、パナソニックのVIERAシリーズに加え、シャープのAQUOSシリーズのリモコンで本機のMy Mediaが操作できたり、ワイヤレスマウスを標準添付して操作性を高めているのも見逃せない。

左からTEO90Y/D、TEO70Y/D

 上位機の「TEO90Y/D」は、スロットインタイプのBlu-ray Discドライブを採用し、1層のBD-R/REに最大2倍速、2層のBD-R/REに最大1倍速で書き込める。Blu-ray DiscのHD映像を高品位で再生できるようにMPEG-4 AVC/H.264のデコードカードを装着しているのも前モデルと同様だ。

 一方の「TEO70Y/D」は、メモリ容量をTEO90Y/Dの半分となる1Gバイト(512Mバイト×2)に、光学ドライブをDVDスーパーマルチドライブに変更した下位モデルだ。TEO90Y/Dと異なり、IEEE802.11g/b準拠の無線LAN機能を内蔵しているのも従来機を受け継ぐ。

 2007年秋冬モデルからハードウェアスペックの変更が少ない半面、実売価格はTEO90Y/Dが約24万円前後、TEO70Y/Dが15万円前後と前モデル発売時に比べ2〜3万円もダウンしている。なお、OSは両モデルともWindows Vista Home Premiumで、発売予定日は2008年1月31日だ。

FMV-TEOの概要(その1)
シリーズ名 モデル名 タイプ 従来比較 CPU メモリ HDD OS 実売
FMV-TEO TEO90Y/D セパレート型 マイナーチェンジ Core 2 Duo T5500(1.66GHz) 2048MB 500GB Home Premium 24万円前後
TEO70Y/D セパレート型 マイナーチェンジ Core 2 Duo T5500(1.66GHz) 1024MB 500GB Home Premium 15万円前後
FMV-TEOの概要(その2)
シリーズ名 モデル名 液晶 解像度 チップセット 光学ドライブ GPU TV機能 重量
FMV-TEO TEO90Y/D ATI Radeon Xpress 1250 BD-R/RE対応Blu-ray Disc チップセット内蔵 3波デジタル 約6.4キロ
TEO70Y/D ATI Radeon Xpress 1250 2層対応DVDスーパーマルチ チップセット内蔵 3波デジタル 約6.4キロ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう