ニュース
» 2007年12月25日 16時30分 公開

コーレル、アップスケール機能も備えたDVD再生ソフト「WinDVD 9」

コーレルは、DVD再生ソフト「WinDVD」シリーズの最新タイトル「WinDVD 9」シリーズ2製品を発表した。ブロックノイズ軽減機能やアップサンプリング機能などを装備している。

[ITmedia]
photo WinDVD 9(左)/WinDVD 9 Plus(右)

 コーレルは12月25日、DVD再生ソフト「WinDVD 9」シリーズ2製品を発表、2008年春よりパッケージ版発売を開始する(ダウンロード版は本日より販売開始)。価格は、WinDVD 9 Plus パッケージ版が1万2800円/ダウンロード版が9400円、WinDVD 9 パッケージ版が5500円/ダウンロード版が3790円(いずれも税込み)。

 WinDVD 9およびWinDVD 9 Plusは、同社製DVD再生ソフト「WinDVD」シリーズの最新版で、補間により表示解像度を高める「アップサンプリングテクノロジー」を装備。また、アナログ放送特有のスノーノイズ除去機能や、MPEG画像のブロックノイズ軽減機能なども標準で利用可能となっている。

photo WinDVD 9 Plusの「All2HDアップスケール機能」の様子  アップスケーリングにより24fpsの映画を60fpsプログレッシブ再生可能とする

 上位版のWinDVD 9 Plusは、HDコンテンツ再生に対応。新機能として、DVD画質動画をハイビジョンに近いサイズに美しく拡大可能とする「All2HDアップスケール機能」を搭載。また、オーディオ面では新たにDolby Pro Logic IIxによる7.1チャンネル再生にも対応している。

 対応OSはWindows XP/Vista。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう