レビュー
» 2008年02月26日 15時01分 公開

IBMロゴは消えたが魂は消えず:薄く、軽く、そして頑丈なモバイルノート――写真で解説する「ThinkPad X300」 (2/2)

[前橋豪,ITmedia]
前のページへ 1|2       

64GバイトSSD搭載の薄型軽量ノート「dynabook SS RX1」と並べてみた

 最後に、1280×800ドット表示の12.1インチワイド液晶ディスプレイと64GバイトSSDを搭載した薄型軽量のモバイルノートPC「dynabook SS RX1/T9E」と、ThinkPad X300を並べてみた。dynabook SS RX1/T9Eは、本体サイズが283.0(幅)×215.8(奥行き)×19.5〜25.5(高さ)ミリ、重量が約863グラム(バッテリパック2900装着時)となっている。ThinkPad X300は、本体サイズが318(幅)×231(奥行き)×18.6〜23.4(高さ)ミリ、重量が約1.42キロ(3セルバッテリー、DVDドライブ搭載時)だ。画面サイズや厚さ、大きさの違いをチェックしてみてほしい。

ThinkPad X300が搭載する1440×900ドット表示の13.3インチワイド液晶ディスプレイは、1280×800ドット表示の12インチワイド液晶ディスプレイより広い作業領域を確保できる。大きさや重さとのトレードオフになるが、視認性の向上は作業効率アップに直結するだろう

左から、天面、前面、右側面の比較。ThinkPad X300は画面サイズが大きいぶん、横幅が長くなっている。ThinkPad X300は厚みがあるように見えてしまうが、最厚部の公称値は23.4ミリと、dynabook SS RX1/T9Eの25.5ミリより薄い

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう