ニュース
» 2008年07月28日 12時23分 公開

NEC、アンテナ内蔵のスリムデザインを採用した11n対応無線LANルータ「AtermWR8100N」

NECおよびNECアクセステクニカは、IEEE802.11b/gおよび11n ドラフト2.0をサポートする無線LANルータ「AtermWR8100N」を発表した。

[ITmedia]
photo AtermWR8100N ワイヤレスカードセット

 NECとNECアクセステクニカは7月28日、IEEE802.11b/gおよび11n ドラフト2.0をサポートする無線LANルータ「AtermWR8100N」、PCカード型無線LANアダプタ「AtermWL300NC-G」、USBスティック型無線LANアダプタ「AtermWL300NU-G」、およびセットモデル2製品を発表、8月上旬より順次発売する。価格はいずれもオープンだ。

 AtermWR8100Nは、本体内にアンテナを内蔵した省スペースデザインの無線LANルータで、IEEE802.11n ドラフト2.0およびIEEE802.11b/gをサポート。開きチャネルを有効活用して最適な接続を行える「オートチャネルセレクト」機能、AES対応子機とWEP対応子機を混在できる「マルチSSID」機能などを備えている。

 有線ポートは10/100BASE-TXポートをLAN側4基/WAN側1基装備した。本体サイズは35(幅)×128(奥行き)×160(高さ)ミリ、重量は約300グラム(ACアダプタ除く)。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう