「VAIO type P」でWindows 7 日本語β版を走らせるこいつ、動くぞ!(1/3 ページ)

» 2009年01月21日 12時00分 公開
[前橋豪,ITmedia]

Windows 7 日本語β版をVAIO type Pにインストールする

「VAIO type P」にWindows 7 日本語β版をインストールするとどうなる?

 1月13日に日本でも一般公開されたWindows 7 β版は、既存バージョンのWindows β版に比べて安定性が高いと評判だ。マイクロソフトの専用サイトからWindows Live IDでサインインすることで、日本語β版のプロダクトキーとISOイメージを入手できる。ISOイメージの容量は32ビット版が約2.5Gバイト、64ビット版が約3.2Gバイトとなっており、これをダウンロードしてDVDメディアなどに書き込めば、インストールディスクとして使える仕組みだ。β版は2009年8月1日まで使用できる。

 Windows 7はWindows Vistaより動作が軽く、Netbook向けの機能限定版も用意されると聞くが、今回公開されたフル機能のβ版(Windows 7 Ultimate)をミニノートPCにインストールした場合はどうなるのか? 32ビット版のWindows 7 日本語β版(ビルド7000)を、1月16日に発売された「VAIO type P」の店頭モデル「VGN-P70H/W」にインストールしてみた。

 VGN-P70H/Wの基本スペックは、CPUがAtom Z520(1.33GHz)、メインメモリが2Gバイト(グラフィックスメモリ共用)、チップセットが省電力重視のIntel System Controller Hub(SCH) US15W、グラフィックス機能がIntel SCHに内蔵されたIntel GMA 500、HDDが60Gバイトの1.8インチドライブ、OSは32ビット版Windows Vista Home Basic(SP1)となる。Netbook向けのAtom N270(1.6GHz)とIntel 945GSE Expressチップセットではなく、より小型化と省電力化に注力したAtom Z500番台のCPUと1チップ構成のIntel SCH US15Wチップセットを搭載しているのが特徴だ。

 VAIO type PのVAIOオーナーメードモデルではより高速なCPUやSSDも選択できるが、Windows 7 日本語β版の推奨ハードウェア最小要件は、1GHzの32ビット/64ビットCPU、1Gバイトのメインメモリ、16GバイトのHDD空き容量、128Mバイトのメモリを搭載したDirectX 9対応グラフィックス(Aeroを有効化するのに必要)、DVD-R/RWドライブ、インターネットアクセス環境とされ、少々非力な店頭モデルでも十分動作すると予想される。

 なお今回のβ版は、開発者、企業のIT管理者、自分でOSのインストールと現状復帰ができるユーザー向けに開発段階のOSを評価・検証用として公開し、そのフィードバックを得ることにより、製品の品質向上に役立てるためのもので、幅広いユーザーに「お試し版」としてβ版を提供しているわけではない点は注意が必要だ。使用の条件などは、Windows 7のホームページを参照してほしい。

注意

VAIO type PにWindows 7 β版を導入することは、メーカー保証対象外の行為です。この記事をもとにWindows 7 β版を導入して損害が生じた場合、編集部はその責任を負いません。この記事についての個別のお問い合わせにもお答えできません。


インストール方法は2種類から選択可能

Windows 7 日本語β版のインストール画面。「今すぐインストール」をクリックすると、インストールが開始される

 Windows 7 日本語β版をインストールする方法は2種類から選べる。1つは「アップグレードインストール」(インプレースアップグレード)、もう1つは「カスタムインストール」(新規インストール)だ。アップグレードインストールはVista(SP1)の環境で使用しているファイル、各種設定、およびプログラムが保持されるのがメリットとなる。一方のカスタムインストールはいわゆるクリーンインストールで、真っさらな状態から自分好みの環境を構築できるのが魅力だ。

 いずれの方法を選択しても、VAIO type Pへのインストール自体に難しいところは何もない。USBの外付けDVDドライブに作成したインストールディスクをセットし、これをVista起動中のVAIO type Pに接続すれば、自動的にインストールの案内画面が起動する。あとは画面の案内に従って選択肢を選び、プロダクトキーや無線LANの設定を済ませば、β版のインストールが完了する。

 なお、カスタムインストールを選択した場合、VAIO type P内蔵のHDDではなく、外付けDVDドライブから起動することで、HDDのパーティション構成を変更できる。

Windows 7 日本語β版では、インストールの前段階でインターネットに接続して更新プログラムを入手するようになった(写真=左)。インストール方法は「アップグレード」か「カスタム」から選択できる(写真=中)。カスタムインストールではインストール場所を指定できるが、「ディスク 0 パーティション 1」はHDD内のリカバリ用領域なので、「ディスク 0 パーティション 2」のCドライブを選択する(写真=右)。その場合、Vistaのファイルやフォルダは「Windows.old」という名前のフォルダに移動される

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年04月14日 更新
  1. これを待ってた! ロープロ版GeForce RTX 4060搭載カードがASUSから登場! (2024年04月13日)
  2. 自宅の「スマートロック」にありがちな誤解 家から締め出されないために心掛けている実践的な5つのこと (2024年04月12日)
  3. 8コア16スレッドのRyzen 9 7940HS×Radeon 780M搭載! 片手で握れるミニデスクトップPC「GEEKOM A7」の“強さ”をチェック! (2024年04月10日)
  4. 「SwitchBot ハブ2」と「ハブミニ(Matter対応)」のMatter機能がアップデート 多くの同社製デバイスがホームアプリで操作可能に (2024年04月13日)
  5. ロジクールの“ちょい上”パンタグラフ式キーボード「Signature Slim K950」を試す (2024年04月11日)
  6. 無線LANルーター「Aterm」シリーズの一部に複数の脆弱性 設定変更や買い替えをアナウンス (2024年04月11日)
  7. “みんゴル”開発元がQuest向け新作VRゴルフゲームを5月発売 原宿で一足先に体験してきた (2024年04月12日)
  8. Amazonのタイムセールが「スマイル SALE」に変更 4月19日からゴールデンウィークセール開催 (2024年04月13日)
  9. Keychron、メカニカルキーボード「Keychron Q1 Max」日本語配列モデルをMakuakeで提供開始 (2024年04月12日)
  10. あなたのPCのWindows 10/11の「ライセンス」はどうなっている? 調べる方法をチェック! (2023年10月20日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー