samurai、1万円を切るJPEG表示対応の書籍リーダー「EYE-Reader」

» 2010年04月08日 18時25分 公開
[ITmedia]
photo EYE-Reader

 samuraiは4月8日、コミック閲覧などにも向くポータブル書籍リーダー「EYE-Reader」を発表した。同社直販価格は9800円(税込み)。販売開始日については現在調整中で、後日メルマガ/ブログにて告知される予定となっている。

 EYE-Readerは、800×600ドット表示対応の8型液晶を搭載したシンプルな書籍リーダーで、SDカード/メモリースティック/コンパクトフラッシュなどに対応したカードスロットを搭載した。

 機能を省略化したことで低価格を実現しているのが特徴で、対応フォーマットはJPEG画像、AVI(Divx/xivd)動画、およびMP3音楽ファイルのみ。そのほかの画像/動画フォーマットやテキスト文書などは、付属ソフトによりコンバートを行うことができる。横向きにした状態での見開き画像閲覧にも対応、本体外側のボタンによりワンタッチで切り替えが可能だ。

 本体サイズは170(幅)×215(奥行き)×25(高さ)ミリ、重量は500グラム。なお、バッテリー駆動時間は同社公式ページでは未記載となっている(同社直販ページのスペック表では「約2時間」としている)。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年03月02日 更新
  1. キター! VAIO type Uライクなスライドキーボード搭載の「AYANEO SLIDE」をセットアップしてみた 中年のハートを鷲づかみする外箱も魅力的 (2024年02月29日)
  2. 「Chromebook Plus」って何だ? 「Chromebook」とは何が違う? ASUS JAPANの新モデルを試す (2024年03月01日)
  3. 総務省がCHUWI(ツーウェイ)を「行政指導」 一部モデルで認証の取得漏れなどが判明 当該機種では「5GHz帯Wi-Fi」は使わないように (2023年04月13日)
  4. NVIDIAの最新GPUをいち早く搭載! 「G-Tune DG」のGeForce RTX 4070 SUPERモデルを検証 (2024年02月29日)
  5. 最新の光造形3Dプリンタ「UniFormation GKtwo 12K」を使ってみた ビジネスパーソンとして知っておきたい技術 (2024年03月01日)
  6. ゲオがGoogle TV搭載「4Kチューナーレス液晶TV」を発売 43型/50型の2サイズで約3.3万円から NetflixやAmazon Prime Videoも視聴可 (2024年02月29日)
  7. エレコムの充電器やキーボード、マウスが最大18.1%もお得に 3月5日まで (2024年03月01日)
  8. VALMOND、タッチスクリーンを内蔵したメカニカルキーボード「VisionBoard」 (2024年03月01日)
  9. TP-Link、Wi-Fi 6E接続に対応したUSB無線LANアダプター (2024年02月29日)
  10. デルがメインストリームPC「Inspiron」の新モデルを発表 ビジネス向け「Vostro」の事実上の後継に (2024年02月27日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー