レビュー
» 2011年01月26日 00時00分 公開

イマドキのイタモノ:「GeForce GTX 560 Tiのオーバークロックモデル」は“みんなが喜ぶ”グラフィックスカードか? (3/3)

[石川ひさよし,ITmedia]
前のページへ 1|2|3       

価格対性能と性能対消費電力がともに向上

 GeForce GTX 560 Tiのオーバークロックモデルは、パフォーマンス的にGeForce GTX 470を上回る。そして、それ以上に、コンパクトになったグラフィックスカードのサイズや低くなった消費電力、そして、オーバークロックマージンと、GeForce GTX 560 Tiには多くのメリットがある。

 気になるのは、GeForce GTX 460を買ったユーザーが買い換えを検討するには、ちょっと時期が早すぎることだ。NVIDIAがGeForce 8800 GTのリプレースを訴求するのも、このあたりのユーザー心理を考慮したからかもしれない。

 GeForce GTX 560はGeForce GTX 570の下位モデルで、併売されるGeForce GTX 460の上に位置するため、価格的にもこの中間に位置するものとみられる。現状ではGeForce GTX 560 Tiが249ドル程度、GeForce GTX 460のOCモデルも249ドル程度、そして、GeForce GTX 460でグラフィックスカード1Gバイトモデルが229ドル程度とされている。今回は(ほとんどがオーバークロックモデルモデルとして登場する見込みだが)2万円台半ば〜3万円強の間に収まるのではないだろうか。メインストリームゲーマーが購入を考える価格としては適切の設定だろう。

前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう