PC USER Pro

大量導入モデルにも“Sandy Bridge”を――「ThinkPad L520」「ThinkPad L420」

» 2011年03月29日 11時00分 公開
[ITmedia]

 「ThinkPad L520」「ThinkPad L420」は、コストパフォーマンスを重視したラインアップの最新モデルで、システムの構成はCTOで選択可能だ。どちらのモデルも、CPUは、Core i7-2620M(2.7GHz、Turbo Boost Technology有効時で最大3.4GHz)、Core i5-2520M(2.5GHz、Turbo Boost Technology有効時で最大3.2GHz)、Core i3-2310M(2.1GHz)を搭載する構成を用意する。

ThinkPad L520とThinkPad L420

 チップセットはすべての構成でIntel HM65 Expressを採用。メモリはDDR3を最大で8Gバイトまで実装可能だ。HDD容量は最大構成で500Gバイト。本体に用意するインタフェースには3基のUSB 2.0、eSATA(USB兼用)、Express Cardスロット(/54対応)、4-in-1メディアカード・リーダーなどを備える。また、DVDスーパーマルチドライブを内蔵する。

 ThinkPad L520は15.6型ワイドの液晶ディスプレイを搭載して解像度は1366×768ドット。6セルバッテリーを搭載した状態で駆動時間は約6.2時間となる。

 ThinkPad L420は14型ワイドの液晶ディスプレイを搭載して解像度は1366×768ドット。6セルバッテリーを搭載した状態で駆動時間は5.5時間となる。

 OSは、どちらも32ビット版のWindows 7 Professionalで、Lenovo Enhanced Exprerience 2.0 for Windows 7のサポートで、短時間による起動とシャットダウンを可能にしている。新しく採用された省電力マネージャーでは、ピークシフト機能が用意された。これは、事前に設定したスケジュールにあわせて、供給電源をバッテリーとACアダプタで切り替える機能。ThinkPad L520では、Microsoft Office Personal 2010が標準で付属するモデルも用意する。

 出荷開始は3月29日からで、ThinkPad L520のダイレクト価格は11万4450円から。ThinkPad L420の価格は公開されていない。

関連キーワード

ThinkPad | レノボ | ノートPC | Sandy Bridge


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年07月14日 更新
  1. 「Echo Spot(2024年発売)」はスマートスピーカーでもなければスマートディスプレイでもない! 時計利用にフォーカスした新モデルを試す (2024年07月11日)
  2. マウスを「自分好み」にできるアタッチメントに熱視線/完全ファンレスBTO PCも (2024年07月13日)
  3. 新型「Fire TV Stick 4K」と「Fire TV Stick 4K Max」はどちらを選べばいい? ポイントをチェック! (2023年10月13日)
  4. GPUの「レイトレーシング処理」改良の歴史をひもとく【GeForce RTX 30シリーズ編】 (2024年07月12日)
  5. あなたのPCのWindows 10/11の「ライセンス」はどうなっている? 調べる方法をチェック! (2023年10月20日)
  6. 日本HP社長も愛用のHyperXブランドから新型キーボード/マウス/バックパックが登場! 実機を試して分かったこと (2024年07月12日)
  7. “デスクトップSSD”とは!? 容量8TBの超高速ストレージ「SanDisk Desk Drive」を試す (2024年07月03日)
  8. iOS/Andorid版「Winamp」が正式版リリース/Zoomに複数の脆弱性 最大深刻度は「High」 (2024年07月14日)
  9. 利用用途にマッチすれば最高の10.3型白黒電子ペーパータブレット「BOOX Go 10.3」 洗練された高い完成度が魅力 (2024年07月08日)
  10. 狭い場所でも作業しやすいサンワサプライのペン型マウス「400-MAWBT202」 ChromebookやiPadなどにつないでみた結果 (2024年07月11日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー