「単機能で使いやすい電子ペーパー」――リコーがビジネス向けE Inkタブレット「eQuill」を展示エコプロダクツ2011

» 2011年12月19日 17時10分 公開
[池田憲弘,ITmedia]
photo リコーのビジネス向けタブレット「eQuill」

 企業が行う環境対策の展示会「エコプロダクツ2011」で、リコーがビジネス向けタブレット「eQuill」(イー・クイル)を展示していた。E Inkの9.7型電子ペーパーを搭載しており、手書きで書き込める。バッテリー動作時間は約20時間だ。

 手描きのほか、チェックボックスやドロップダウン式のメニュー、テキスト入力フィールド、署名ボックスなど、Webサイト上で一般的に見られる入力フォームの仕様に対応する。また、マイク、スピーカー、カメラも内蔵しており、撮影データを送信できる。

 他の電子ペーパー搭載機と比較すると、ページ送りや、タッチペンでの書き込みに対するフィードバックの早さが特徴だ。タッチペンで画面をなぞってから1秒弱くらいで線が表示され、手書き文字の入力がストレスなく行えた。UI(ユーザーインタフェース)もシンプルで、説明がなくとも操作が大体理解できたのも印象がよい。

photophoto 手描きのほか、チェックボックスやドロップダウン式のメニューなどにも対応する(写真=左)。内蔵カメラで撮影が可能。下のボタンを長押しするとシャッターが切られる(写真=右)
photophoto メモ帳を撮影してみたが、なかなかきれいに表示された

 eQuillは、紙の書類で行われる手続きを電子化する「eWriter」というソリューションとセットで法人向けに販売する予定だという。企業のシステムと連携させ、フォームを事前に登録し、独自のフォームが作成して使用する。端末に書き込んだ情報は、Wi-Fiか3G回線経由でPCに転送できるので、集計も楽に行える。データの迅速な回収のほか、紙保管の手間やコストの削減などの効果が見込める。

photo アンケートやカルテなど、さまざまなフォーマットが用意されていた

 紙を使う業務として、病院や、保守/点検など、学校の教室など、さまざまな業種や業務で使用できるとしており、デモ機には、アンケートやカルテ、小学生の学習用に使う日本地図など、各種フォーマットがそろっていた。なお、個人向けの販売については、「今のところ考えていない」(説明員)としている。

 米国ではSDKを用いたソリューションの開発、提供が始まっているものの、日本での展開は未定で、2012年度以降になるとのことだ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年05月23日 更新
  1. ワコムが有機ELと出会ったら……極薄で最軽量液タブ「Movink 13」をプロ絵師が試したぞ! (2024年05月22日)
  2. NUCが帰ってきた! ASUSの手でNUCとして国内でも復活 ROG NUCに産業用途のNUCもあり (2024年05月21日)
  3. Microsoftが「新しいAI PC」の要件を発表 40TOPS以上のNPU搭載が“必須”に (2024年05月21日)
  4. Armベースに完全移行した新型「Surface Pro/Laptop」が登場 45TOPS実現の「Snapdragon X」でAI PC体験を強化 約8万円の上位純正キーボードも (2024年05月21日)
  5. Intelのモバイル向け次世代CPU「Lunar Lake」は2024年第3四半期に登場 ライバルを超えるAI処理パフォーマンスを実現 (2024年05月21日)
  6. レノボがSnapdragon X Elite搭載ノートPC「Yoga Slim 7x」を6月18日に発売 「ThinkPad T14s Gen 6」も後日発売予定 (2024年05月21日)
  7. Dellが「Copilot+ PC」準拠の「XPS 13」「Inspiron 14 Plus」「Latitude 7455」などを発表 (2024年05月21日)
  8. STEAM教育ってどうなの? マイクラで金融教育?「EDIX 東京 2024」で見た最新事情 (2024年05月22日)
  9. AMDが中小規模サーバ向けCPU「EPYC 4004シリーズ」を発表 Socket AM5採用でコストを抑制 (2024年05月21日)
  10. 「Sonos Ace」はホームサウンドシステムと仲がいい、家族思いの高級ヘッドフォン ブランド初の新製品がついに登場 (2024年05月21日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー