SSD一斉値下げ、120Gバイトクラスは1万円切り週末アキバ特価リポート(1/2 ページ)

» 2012年06月02日 10時57分 公開
[古田雄介(ぜせ),ITmedia]

「価格改定説や他店対抗説が混在していますね」――突然お買い得度が上がったSSD

TSUKUMO eX.の120Gバイト級SSDの価格表。1万円切りのモデルが複数並ぶ

 6月に入った金曜日、アキバのパーツショップではSSDの価格表が刷新される光景がみられた。インテルの「SSD 520/330」シリーズや、プレクスターの「M3 Pro/M3」シリーズ、クルーシャルの「m4」シリーズなどで、前週比1割を超える大幅な値下がりが発生した。各社のエントリーシリーズでは、主力の120〜128Gバイトモデルが1万円前後になるなど、にわかに割安感が高まっている。

 突然の値下げの要因は、「他店対抗のプライスダウンということで上から連絡が来ました」や「代理店レベルで価格改定が入ったみたいです」など、諸説のウワサが飛び交っているが、TSUKUMO eX.のベテラン店員氏は「たぶんどちらの要素もあるんだと思います。もともと最近はSSDが順調に安くなっていましたし、120Gバイト級SSDが街全体で週末特価の目玉に据えられたりしていましたから。そういう下地があったうえで、フッと地盤沈下みたいに一斉値下がりしたんじゃないかなと」と推測していた。

 PC DIY SHOP FreeTが「価格情報の確認が追いつかなくて、朝から本当余裕がない状況です。あまりに突然でちょっと予想は難しかったですよ」と語るとおり、対応に苦労するショップは少なくない。

 一部のショップからは「タイ洪水のときのHDDの混乱を思い出しました」とのコメントも聞かれたが、週末時点では値下げ対象の各モデルの在庫は街全体で潤沢にある。店舗側は大変ながら、高速なストレージ環境を求める人にとってはうれしい週末になりそうだ。

PC DIY SHOP FreeTのSSD価格表。後付けの値札がズラリと張られている(写真=左)。人気シリーズの主力が軒並み値下がりした(写真=右)

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年04月18日 更新
  1. ついに8K対応した「Insta360 X4」の画質をX3と1インチ360度版で比較 今買うべき全天球カメラだと確信した (2024年04月16日)
  2. バッファロー製Wi-Fiルーターに脆弱性 対象機種は今すぐファームウェア更新を (2024年04月17日)
  3. 「JBL GO 4」でBluetoothスピーカーデビュー! 累計出荷台数5700万台を突破した人気製品の最新モデルを試す (2024年04月17日)
  4. SwitchBotのミニプラグに不具合 「断続的にオン/オフを繰り返す、異音」などで該当製品の交換を呼びかけ (2024年04月17日)
  5. AI対応でCore Ultraよりも高いパフォーマンスをアピール! 企業PC向け「Ryzen PRO 8000シリーズ」登場 (2024年04月16日)
  6. Synology「BeeStation」はNASより便利な一面も 家族の“秘密”も守れるストレージ、共有リンクや写真管理もある (2024年04月16日)
  7. 「ASUS ZenScreen MB16QHG」は従来モデルの弱点を解消した高評価の16型モバイルディスプレイだ (2024年04月16日)
  8. あなたのPCのWindows 10/11の「ライセンス」はどうなっている? 調べる方法をチェック! (2023年10月20日)
  9. 無線LANルーター「Aterm」シリーズの一部に複数の脆弱性 設定変更や買い替えをアナウンス (2024年04月11日)
  10. NVIDIA、Ampereアーキテクチャを採用したシングルスロット設計のデスクトップ向けGPU「NVIDIA RTX A400/A1000」を発表 (2024年04月17日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー