ニュース
» 2013年03月04日 10時50分 公開

古田雄介のアキバPickUp!:「いかにもハイエンドな売れ方です」――「GeForce GTX TITAN」の評判 (4/4)

[古田雄介(ぜせ)&ITmediaアキバ取材班,ITmedia]
前のページへ 1|2|3|4       

「各ブランドの特色を生かしてがんばります」――新店舗「BUY MORE」がスタート

BUY MORE秋葉原本店の外観。黄色地に赤い文字のBUY MORE仕様に変わっている

 3月2日に、ユニットコム系列のPCショップが融合した「BUY MORE秋葉原本店」と「BUY MOREアウトレット館」が本オープンした。

 旧ツートップ秋葉原本店の店舗を受け継いだBUY MORE秋葉原本店には、ツートップだけでなく、フェイスやパソコン工房、PC DIY SHOP FreeTのブランドロゴが各所に張られている。そこには新ブランドよりも従来の屋号を重視するコンセプトがあるようだ。

 ショップブランドPCコーナーを眺めると、ゲーミングモデルはフェイス、ビジネス向けはツートップ、ホームユース向けはパソコン工房と棲み分けしていることが分かる。そして、PCパーツコーナーには、PC DIY SHOP FreeTそのものの細かな解説付きPOPがズラリと並ぶ。

 同店のスタッフは「とりあえずカテゴリごとに色分けして、これまでの屋号を同居させていく感じです。駆け足でリニューアルしたのでまだまだですが、今後はそれぞれの特色を生かして、1店舗で何粒も楽しめるような雰囲気にしていきたいと思います」と抱負を語っていた。

 なお、ツートップ秋葉原本店が独自に実施していた「店内撮影OK!!」のルールはBUY MORE秋葉原本店でも受け継がれており、。そうした店舗単位のDNAも融合していくとみられる。今後の展開に期待しよう。

ショップブランドPCコーナー。黒バックのフェイス、オレンジ地のツートップ、青が基調のパソコン工房の各ブランドが並ぶ(写真=左/中央)。PCパーツコーナーには、PC DIY SHOP FreeTにあった情報密度の高いPOPが多数張られていた(写真=右)

関連キーワード

アキバ | 自作


前のページへ 1|2|3|4       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう