ニュース
» 2014年03月17日 12時37分 公開

8000円台のベイトレマザー登場で、ライトユースがより安く古田雄介のアキバPickUp!(2/4 ページ)

[古田雄介&ITmedia アキバ取材班,ITmedia]

監視データ向けHDD「WD Purple」や新型東芝製SSD採用のCFDモデルが登場!

ウェスタンデジタル「WD Purple」シリーズ

 先週はストレージ関連で注目の新製品が多かった。HDDで目立っていたのは、ウェスタンデジタルの新シリーズ「WD Purple」に属するモデルだ。3Tバイトと2Tバイト、1Tバイトがあり、価格は順に1万3000円弱、9000円前後、7500円弱となる。

 「最大8台のHDD、最大32台のカメラを搭載する監視セキュリティシステム用に作られた」(メーカー)という、常時稼働する使い方で高い信頼性が得られる設計となっているのが特徴だ。ある店員さんは「まだ特徴を見定めている人が多い感じですが、価格と性能的には、WD RedとWD Blueの中間的な位置づけになるのでは。色的にもしっくりきますし」と話していた。

 SSDは、CFD販売から東芝製の新モデルを採用した「HG6Q」シリーズがデビューしている。価格は512Gバイトが3万6000円前後から3万7000円前後、256Gバイトが2万円弱、128Gバイトが1万1000円前後となる。BUY MORE秋葉原本店は「昨年飛ぶように売れた東芝製SSDの後継ですね。ランダムアクセスがかなり速くなっていて、お値段的にも感じなので売れると思いますよ」と語る。

 また、インテルからも、コンシューマー向けの新シリーズ「SSD 730」に属するモデルが登場している。価格は480Gバイトモデルが5万5000円弱から5万8000円弱、240Gバイトモデルが2万8000円弱から3万円前後だ。従来の「SSD 530」と比べて、大量に書き込みする際の耐久性が強化されているのが特徴。某ショップは「速度的には従来シリーズと変わらないので爆発的なヒットはしなさそうですが、大量書き込みに強いということでブートドライブ向けの隠れた定番的な存在になり得るポテンシャルはあると思います」と話していた。

ドスパラ パーツ館に入荷したCFD販売「HG6Q」シリーズ(写真=左)。BUY MORE秋葉原本店に張られていたインテル「SSD 730」のPOP(写真=右)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.