PC USER Pro
レビュー
» 2015年03月04日 18時30分 公開

直販限定の隠れた名機か!?:第5世代Core+デュアルポインタ+Windows 7の“質実剛健”モバイルノート――「dynabook R63/PS」徹底検証(前編) (3/3)

[フォレスト・ヒーロー,ITmedia]
前のページへ 1|2|3       

第5世代Core i7をはじめハイスペック寄りの構成

 基本システムには、TDP(熱設計電力)が15ワットの第5世代Core Uプロセッサを採用。2コア/4スレッド対応のCore i7-5500U(2.4GHz/最大3.0GHz)を搭載し、GPUはCPUに統合されたIntel HD Graphics 5500を使用する。

 メモリは8GバイトのDDR3L-1600(シングルチャンネル/増設不可)、データストレージは256GバイトのmSATA SSD(Serial ATA 6Gbps接続)を採用する。BTOによる仕様のカスタマイズには対応しないが、CPU、メモリ、SSDのいずれもハイスペック寄りだ。

 プリインストールOSは、32ビット版または64ビット版のWindows 7 Professionalを採用。ライセンスOSは64ビット版Winodws 8.1 Pro Updateであり、これのダウングレード権を行使してWindows 7モデルとして販売されている(Windows 8.1プリインストールモデルはない。製品には64ビット版Windows 8.1 Proのリカバリディスクが付属)。

 dynabook R63/PSのように、ビジネスユースも想定したタッチパネルを搭載しないクラムシェルノートPCでは、Windows 7の使い勝手がよい。

 付属ソフトウェアはOffice Home and Business 2013の有無が選べるほかは、東芝独自のユーティリティ群を搭載するくらいでシンプルな構成だ。

HWiNFO64の情報表示画面。2コア/4スレッド対応のCore i7-5500U(2.4GHz)、8GバイトDDR3L-1600メモリ、256GバイトのSSDを搭載する

 通信機能はIEEE802.11a/b/g/n/acの高速無線LANとBluetooth 4.0、そして1000BASE-Tの有線LANを標準装備。無線通信のモジュールはIntelの「Dual Band Wireless-AC 7265」を内蔵していた。

 入出力端子は、3基のUSB 3.0をはじめ、4K(3840×2160ドット)対応のHDMI出力、アナログRGB出力(D-Sub 15ピン)、ヘッドフォン/マイク兼用端子(3.5ミリ)、SDXC対応SDメモリーカードスロットと豊富だ。薄型軽量のモバイルノートPCで省かれることも多い有線LANやアナログRGB出力の端子を備えている点は、ビジネスユースで役立ちそうだ。

前面にシステムインジケータ、左右にステレオスピーカーを内蔵する
背面には排気口が配置されている
左側面にはヘッドフォン/マイク兼用端子、USB 3.0、HDMI出力、アナログRGB出力、ACアダプタ接続用のDC入力が並ぶ
右側面にはSDXC対応SDメモリーカードスロット、2基のUSB 3.0、有線LAN、盗難防止ロック用ポートを備えている

 また、液晶ディスプレイの上部には約200万画素のWebカメラと2つのマイクも装備する。2つのマイクから集音し、ノイズキャンセルを行い、モノラルとして使用する仕組みだ。実際に使ってみたところ、電話会議などで、人の声をクリアに拾うことができた。なかなか使い勝手がよく、こちらもビジネス用途に最適だろう。

 ステレオスピーカーは、前面の左右に内蔵している。意外にパワーがあり、高音域はそれなりに楽しめるが、低音域は音質、音量とも物足りない。こうした部分からも、エンターテインメント用途よりビジネス用途を重視していることが分かる。


 以上、dynabook R63/PSのボディ、液晶ディスプレイと入力環境、基本スペック、インタフェースを順にチェックした。後編では、パフォーマンス、バッテリー駆動時間、動作時の騒音や発熱をテストしていく。

前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう