ニュース
» 2015年04月24日 22時00分 公開

予約制でも行列:「Apple Watch at Isetan Shinjuku」でApple Watch販売開始 開封からファーストインプレッション (2/2)

[すずまり,ITmedia]
前のページへ 1|2       

Apple Watch ファーストインプレッション

 受け取ってからのセットアップは、側面の電源ボタンを押して電源を入れ、画面の指示に従っていくだけだ。電源ボタンの位置さえ確認できれば、特に悩むことはなかった。

photo 右下のボタンを長押しするとセットアップがスタート
photo 言語を選択
photo 画面の指示に従って操作すれば簡単だ

 ペアリングはApple Watchの画面をiPhoneで撮影するというユニークなスタイル。ペアリングに失敗することもなく、コードの入力なども特に不要で、受け取り同様こちらもスムーズに完了した。

photo ペアリング操作を始めると、Apple Watchに現れる画像
photo 表示された画像をiPhoneのカメラで読み取るとペアリングされる。ペアリング後、セットアップ完了までに数分かかる

 ステンレススチールケースとミラネーゼループは美しく、久々に時計をしているという感覚がある。サイズは42ミリを選んでいるせいもあってか、付けた当初はやや重さを感じたが、装着しているうちに慣れてしまった。キーボードタイピング時にバンドが邪魔になるのではと懸念していたが、ミラネーゼループの薄さもあってまったく気にならない。これなら装着しつづけられそうな気がしている。

photo 終わるとアナログ時計のフェイスが現れる
photo 自分の腕には42ミリで正解だったと感じている
photo 腕を下ろしているときは画面が消えている。通知がきても勝手に点灯しない
photo まだ扱いに慣れていないため、このようなことも

 既存のiPhone用アプリでApple Watchに対応済のものは、iPhoneのApple Watchアプリで有効にすると、自動的にApple Watchにもインストールされるようだ。すでにLINEをはじめとして、クックバッドやEvernote、Yahoo!乗換案内など、おなじみのアプリをApple Watchにも対応させてみた。早速さまざまな通知が届きはじめている。最初はなんでも有効にしてしまうため、通知で常に手首が振動にさらされているが、そのうち厳選されていくのだろう。

photo 既存のアプリでApple Watch対応中のものを有効にしてみた
photo 活動量計のアプリ「UP」からの通知。夢中になっていると時間をわすれがちなので、こういう通知はありがたい

 また、仕事しながらiPhoneで音楽再生しているときは、Apple Watchでプレイリストの変更などができるようになった。iPhoneに手を伸ばさなくて済むため、ついつい他のアプリを立ち上げて気が散ってしまうことがない。Apple Watchの1つのメリットだと思う。

photo 仕事中の音楽コントロールにかなりよさそう
photo ミラネーゼループは薄いためタイピングの邪魔になりにくいようだ

 しかし、Android Wareのユーザーインタフェースに慣れていたため、フリックの向きなど操作で少々戸惑っているというのが正直なところ。ただ、これまでiPhoneの通知をガッツリ受けられるウェアラブルデバイスを所有していなかったので、これからが非常に楽しみである。

関連キーワード

Apple Watch | iPhone | 伊勢丹 | 行列 | Apple Watchアプリ


前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう