ニュース
» 2015年06月28日 19時28分 公開

「3.1とくれば当然」「Windowsじゃ!」:「自作PCユーザーよ、人柱たれ」──高橋氏、「パーツの犬モデル」1周年記念イベントで自作PC動向予測 (2/2)

[長浜和也,ITmedia]
前のページへ 1|2       

はいっ。テキパキと片付けちゃいましょう

 続いて、山田悠希さんが登場して、高橋氏の支援を受けてパーツの犬モデル001を使ってPCの組み立てに挑戦した。

ずらりと並んだパーツの犬モデル001に圧倒されつつある阿賀野型1番艦「阿賀野」、いや、声優の山田さん。

「これ全部、自分でそのPCケースに組み込んでもらいますので」「ええー」

「なーんちゃって、私も手伝いますよ」「そーですよねー!」

「これがCPU」「これ知っています! Coreなんとか」「おおー、そうですそうです」

「まずは、PCケースの中に電源ユニットを入れます」「ケースの中、そうなっていたんですね……」「共通の規格があるので電源ユニットをここに入れればねじ穴がぴったり合うので、そこをねじで固定するだけ」

「ちょっと合わなかったね」

続いてマザーボードにCPUを載せて

CPUクーラーユニットを載せて

システムメモリを差して

「マザーボードの組み込みは僕がやりましょう」「え、それってありなんですか」

「ケーブルも僕がやっちゃおうかなっと」「わー、ありがとうございまーす」

さー、電源入れるよー!

一発で動いたー! 高橋さんもひと安心

パーツの犬モデルには、ドライバーや静電気防止白手袋、ケーブルタイなど、PCの組み立てで役に立つ道具も付属する。これはなにげにポイント高い

イベントの最後にはパーツの犬モデル販売開始1周年を記念したバースデーケーキも登場した

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう