Google独自スマホ「Pixel 2(仮)」はiPhone 8(仮)にどう対抗する?ITはみ出しコラム

» 2017年08月13日 06時00分 公開
[佐藤由紀子ITmedia]

 次期「iPhone」は例年通りだと2017年9月の発表で、うわさも数多く出ていて、その姿が大体思い浮かぶようになってきました。次は10月の発表が予想される米GoogleのオリジナルAndroidスマートフォン「Pixel 2(仮)」と「Pixel 2 XL(仮)」が気になるところです。

 「Pixel」は米GoogleによるChromebookやタブレット、スマートフォンのオリジナルシリーズです。スマートフォンとしてのPixelは、Googleが「Nexus」シリーズの終了と前後して、2016年から始めました。

 今回はスマートフォンの次期Pixelについて、これまでのうわさをまとめます。

pixel 1 最近リークした「Pixel 2」らしき画像(9TO5Googleより)

今度こそ「Pixel」が日本で発売される?

 2016年モデルの「Pixel」と「Pixel XL」は、残念ながら日本では発売されていません。その大きな理由が、看板機能である「Google Assistant」がまだ日本語に対応していなかったためと考えられていて、この問題は2017年の5月に解決したので、今度は日本でも……と期待が高まります。

 販売地域が限られたもう1つの理由は、大量生産できなかったことらしいのですが、こちらは今度も心配です。特にディスプレイがOLED(有機EL)になるといううわさで、もし「iPhone 8」(仮)が年内発売だとすると、Appleとパーツ争奪戦になりそうです。でも少なくとも大きい方のPixel 2 XLを作るのがOLED最大手の韓国LG Electronicsなので、OLEDを確保できるんじゃないかと希望的観測をしています。

ヘッドフォンジャックなし?(Appleをからかってたのに)

 2016年に初代Pixelが出たときは、iPhoneから3.5ミリヘッドフォンジャックが消えて結構大騒ぎでした。「iPhone 7」の1カ月後にPixelを発表したGoogleは、製品紹介動画でわざわざヘッドフォンジャックがあることをアピールしたものです。

pixel 2 初代Pixelの動画。iPhoneを意識したコメントです

 そのGoogleも、結局はヘッドフォンジャックをなくすようです。Androidデバイスでも既にHTCやMotorolaの一部の端末からはなくなっているので、そうした流れに乗る感じでしょうか。

 ヘッドフォンジャックがなくなれば本体を薄くできるし、何より防水・防塵にしやすいです。

 初代Pixelは防滴(IP53)でしたが、今度は「IP68」になるといううわさです(ちなみにiPhone 7はIP67)。

 Pixelと同時にリリースされる見込みの次期モバイルOS「Android O」のBluetooth機能が強化されることも、Googleがヘッドフォンジャックをなくしてもいいと判断した証拠ととれます。

 Android Oでは、Bluetoothのコーデックとしてそれまでの(あまり音質のよくない)SBCとAACに加え、高品質なLDAC、aptX、aptX HDをサポートするようになります。

 もう1つ。Android Oでは、Bluetoothヘッドフォンでも本体で設定した着信音を聞けるようになります(これまではそっけないビープ音)。iOSでは既に可能なことだし、小さな改善ですが、Bluetoothヘッドフォンに切り替えやすくなります。

 ちなみにどうしても無線が嫌な場合は、USB Type-C/3.5ミリオーディオアダプターを使うか、わずかながら出ているUSB Type-Cヘッドフォンを使うことになります。でも、新しいヘッドフォンを買うくらいなら、この際Bluetoothヘッドフォンにした方がいいように思えます。

pixel 3 USB Type-C/3.5ミリオーディオアダプターは日本でも1000円前後で売られています(写真は製品の一例)

その他のスペック(8月13日時点のうわさまとめ)

 小さい方のPixel 2(開発コード名は「Walleye」)は、台湾HTC製だと言われています。ディスプレイは4.97型でGalaxy S8のようなカーブしたOLEDになるといううわさと、5.6型18:9のベゼルレスになるといううわさがありますが、今のところ4.97型というのが有力です。

 メモリは4GB、ストレージは64GBもしくは128GBで、microSDカードスロットが付きそうです。プロセッサはもしかしたら「Snapdragon 836」になるかもしれません。

 カメラは1200万画素(4K動画サポート)と700万画素で、Amazon.comで早くも売っている(笑)他社のPixel 2用ケースの画像を見ると、背面カメラの下に何かぽちぽちが付いているのが気になります。

pixel 4 Pixel 2らしき画像

 「HTC U11」の“握ってショートカット”機能「Edge Sense」と同じ機能が付くといううわさもあります。

 大きい方のPixel 2 XL(開発コード名は「Taimen」)は、LG Electronics製だと言われています。ディスプレイは5.99型OLEDで、こちらはベゼルレスになるといううわさが有力です。時間やプッシュ通知を見るための常時表示機能もあるとかないとか。

 メモリやストレージ、プロセッサは小さい方と同じようです。

 カメラは、やはりAmazon.comで売っている他社のケースの画像を見ると、Pixel 2とは違うデザインになっています。画素数はPixel 2と同じといううわさです。

 pixel 5 Pixel 2 XLらしき画像

 2モデルとも、本体カラーにブラウン(銅色)などの新色が登場すると、Reddit経由Imgurにレンダリングが投稿されています。


 日本で発売されたらどちらを買おうかなぁ。5.9型でもベゼルレスなら本体は従来の5型サイズ程度になるはずなので、AndroidとしてのハイエンドモデルとなるPixel 2 XLが欲しいです。価格は、現行のPixel XLが769ドルなので、これより高くなるとして、下手をすると10万円くらいかもしれませんが。

 日本でPixelが発売されていないので、ずっと「Nexus 5X」を使っている私は、買い換えのタイミングを1回見送ったぶん、このくらいのぜいたくは許すことにします。

バックナンバー

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年04月15日 更新
  1. Googleが生成AI向け独自CPU「Google Axion」プロセッサを発表/Intel N100を採用した超小型コンピューティングモジュール「LattePanda Mu」 (2024年04月14日)
  2. これを待ってた! ロープロ版GeForce RTX 4060搭載カードがASUSから登場! (2024年04月13日)
  3. Amazonのタイムセールが「スマイル SALE」に変更 4月19日からゴールデンウィークセール開催 (2024年04月13日)
  4. 8コア16スレッドのRyzen 9 7940HS×Radeon 780M搭載! 片手で握れるミニデスクトップPC「GEEKOM A7」の“強さ”をチェック! (2024年04月10日)
  5. 自宅の「スマートロック」にありがちな誤解 家から締め出されないために心掛けている実践的な5つのこと (2024年04月12日)
  6. 「SwitchBot ハブ2」と「ハブミニ(Matter対応)」のMatter機能がアップデート 多くの同社製デバイスがホームアプリで操作可能に (2024年04月13日)
  7. ロジクールの“ちょい上”パンタグラフ式キーボード「Signature Slim K950」を試す (2024年04月11日)
  8. 無線LANルーター「Aterm」シリーズの一部に複数の脆弱性 設定変更や買い替えをアナウンス (2024年04月11日)
  9. あなたのPCのWindows 10/11の「ライセンス」はどうなっている? 調べる方法をチェック! (2023年10月20日)
  10. “みんゴル”開発元がQuest向け新作VRゴルフゲームを5月発売 原宿で一足先に体験してきた (2024年04月12日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー