ニュース
» 2018年11月12日 14時45分 公開

マウス、第9世代Core搭載で税別8万円台からのミニタワーPC

マウスコンピューターは、同社製デスクトップPC「LUV MACHINES」のラインアップに第9世代Coreプロセッサ搭載のミニタワー型モデルを追加した。

[ITmedia]

 マウスコンピューターは11月12日、同社製デスクトップPC「LUV MACHINES」のラインアップに第9世代Coreプロセッサ搭載のミニタワー型モデル「LUV MACHINES iH810」「同 iG810」を追加、本日販売を開始する。価格はLUV MACHINES iH810シリーズが8万7800円から、LUV MACHINES iG810シリーズが10万4800円から(税別)。

photo LUV MACHINES iH810シリーズ、同 iG810シリーズ

 ともにミニタワー型筐体を採用したデスクトップPCで、最新の第9世代Coreプロセッサを標準で搭載しているのが特徴。LUV MACHINES iG810シリーズはさらにグラフィックスカードとしてGeForce GTX 1050/同 1060を装備する他、NVMe SSDを標準で内蔵したハイパフォーマンスモデルも取りそろえている。

 最小構成モデルのLUV MACHINES iH810SNは、Core i5-9600Kとメモリ8GB、1TB HDDを内蔵、OSはWindows 10 Home 64bit版を導入。幅広いBTOカスタマイズオプションを用意しており、CPUはCore i9-9900K、メモリは最大64GBまでの選択が可能だ。

訂正:2018年11月16日13時 初出でBTOオプションの最大メモリ容量表記に誤りがありました。“最大64GBまで”と訂正しました

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう