PC USER Pro
ニュース
» 2018年12月12日 16時59分 公開

エイサー、文教向け11.6型Chromebookのバリエーションを拡充

日本エイサーは、法人および文教向けのChrome OS搭載ノート「Acer Chromebook 11」シリーズのラインアップ拡充を発表した。

[ITmedia]

 日本エイサーは12月12日、法人および文教向けのChrome OS搭載ノート「Acer Chromebook 11」シリーズのラインアップを拡充、計3モデル「C732LT-F14N」「C732T-F14N」「C732-F14N」を発表した。発売時期はC732LT-F14Nが12月14日、C732T-F14Nおよび同-F14Nが2019年2月の予定。価格はいずれもオープンだ。

photo Acer Chromebook 11

 いずれも1366×768ピクセル表示対応の11.6型ワイド液晶ディスプレイを内蔵したChrome OS搭載ノートPCで、今回のラインアップではタッチパネル操作非対応の下位構成モデル「C732-F14N」、マルチタッチ操作対応の「C732T-F14N」、マルチタッチ操作に対応しLTE通信モジュールも装備した「C732LT-F14N」の3構成をラインアップした。

 いずれもCPUはCeleron N3350を、メモリは4GB、ストレージはeMMC 32GBを内蔵。122cmの高さからの落下試験をクリアする耐衝撃ボディーを採用、キーボード部に水をこぼしても底面から排出できる防滴キーボードも装備している。

photo

関連キーワード

Acer | Chromebook | Chrome OS | マルチタッチ


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう