プロナビ
ニュース
» 2019年02月21日 11時11分 公開

Microsoftが全てのOffice文書を扱える新「My Office」アプリを発表

Microsoftが新しい「My Office」アプリを公開した。アプリ内でOfficeツールの切り替えや共有、検索などが行えるようになるという。提供はMicrosoft Storeを通じて順次ロールアウトされる。

[田中宏昌,ITmedia]

 2019年2月20日(現地時間)、Microsoftが新しい「My Office」アプリを発表した。これは、2018年12月にWindows 10 Insider Previewで公開されていたもので、今回さまざまな機能を追加しMicrosoft Storeを通じて無償で一般提供される。記事執筆時は確認できなかったが、順次ロールアウトされていくという。

My Office 新しく生まれ変わった「My Office」アプリの画面

 従来のMy Officeアプリは、Office Onlineの紹介やランチャー機能の提供にとどまっていたが、旧My Officeアプリを置き換える形“となる新しいMy Office”アプリでは、アプリ内で各種Oficceアプリの切り替え、ローカルやクラウドにあるOffice文書の一覧表示、アクセスが可能になる。また、作業中のドキュメントを共有したり、検索機能も用意されたりするという。Officeの多彩な機能を簡単に扱えることで、オフィスの生産性向上に貢献できるとしている。

My Office ランチャー機能は健在で、Microsoft Officeアプリの起動から、ローカルやクラウドを問わずOffice文書にアクセスできる

 画面のデザインはOffice.comと共通化されている他、対象はWindows 10でOffice 365のサブスクリプション、Office 2019やOffice 2016、無償のOffice Onlineを利用しているユーザーとなっている。

My Office 従来バージョンのMy Officeアプリ画面
My Office Office.comの画面

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう