ニュース
» 2019年04月15日 14時45分 公開

初の第9世代Core i3が登場も「売り方に悩む」の声 HDDマウンタが人気の理由古田雄介のアキバPickUp!(4/4 ページ)

[古田雄介,ITmedia]
前のページへ 1|2|3|4       

実用性重視で人気――Cherry MX用キーキャップがズラリ

 周辺機器関連では、Tai-HaoからCherry MXキーボード向けの交換用キーキャップ「Rubber Gaming Backlit Keycaps」シリーズが一斉に登場している。ネオンブルー、ネオングリーン、ネオンオレンジ、ネオンイエロー、ネオンピンク、スカイブルー、ダークブルー、ブラックの8色があり、18キー入りが2500円前後、8キー入りが1800円前後となる。

 パソコンSHOPアークは「バックライトLEDが透過する仕様で、表面はグリップが効きやすい作りになっています。ファッションというよりも、ゲームのプレイ環境を高めるために実用目線で選ばれています」と話していた。

Tai-Hao Tai-Hao「Rubber Gaming Backlit Keycaps」シリーズ

 その他、サイズからはRGB LEDライトを制御できる4ピン接続のコントローラー「SCY-4RGBMC」が売り出されている。制御個数は最大3基で、選べる発光パターンは18種類。PCのリセットスイッチに接続すると、リセットボタンを発光パターン変更ボタンに転用できるというユニークな機能も備える。価格は1500円前後だ。

 TSUKUMO eX.は「メーカーに左右されず利用できるので、案外多くの人から支持されそうですね。4月初頭に出た『彩風アドレサブル/RGB』も好調ですし、イルミネーション回りでサイズはいい感じですね」とうれしそうに語っていた。

サイズ サイズ「SCY-4RGBMC」
彩風アドレサブル 取材時点で売り切れとなっていた「彩風アドレサブル」。それくらい好調に売れている
前のページへ 1|2|3|4       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう