ニュース
» 2019年04月22日 17時20分 公開

今時のゲーミングPC、予算感は15万〜30万円が標準的?古田雄介のアキバPickUp!(4/4 ページ)

[古田雄介,ITmedia]
前のページへ 1|2|3|4       

キーボード自作キットやASUSTeKのB365マザーも店頭に

 入力デバイスでは、ビット・トレード・ワンから登場した「BTOセルフメイドキーボードキット」シリーズが好調に売れているという。

 Cherry MXキースイッチを使ったメカニカルキーボードを自ら作ることができるシリーズで、ベースに96キー用の「ADKB96」と左右分離型の56キー用「Ergo42」がある。価格は1万1000円強と1万2000円強だ。キースイッチは青、赤、茶軸があり、10個入りの価格は900円弱。キーキャップは無刻印の黒と白があり、104個入りでともに2700円弱だ。そのほか、転写用のキートップシールも白と黒があり、1900円強で買える。

 パソコンSHOPアークは「最近はキーボードの自作やカスタムも流行していますし、メカニカルキーボードの保守パーツとしてキーキャップだけ買っていく方もいるので、結構息の長い需要があるかもしれません」と話していた。

Trident ビット・トレード・ワン「BTOセルフメイドキーボードキット」シリーズ

 マザーボードは、ASUSTeKからIntel B365チップセット搭載のmicroATXマザー「PRIME B365M-A」と「PRIME B365M-K」が登場している。価格はともに1万円前後で、PRIME B365M-Kが若干安い。

 PCIe x16を1基とPCIe x1を2基搭載する点は共通しているが、DIMMスロットはAが4基でKが2基、M.2スロットはAが2基でKが1基など、Kのほうが簡素な仕様となっている。

 TSUKUMO eX.は「ASRockに続いて2メーカー目のB365マザーですね。B365を意識して購入するという人はまだあまりいませんが、安価なマザーの選択肢が増えるのはいいことかなと」という。

Trident ASUSTeK「PRIME B365M-A」と「PRIME B365M-K」
前のページへ 1|2|3|4       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.